YMYLとは何?SEO対策方法や注意点を解説

4 min
YMYLとは何?SEO対策方法の方法や注意点を解説

Googleの検索順位を上げるために重要な評価基準になるのが「YMYL(Your Money Your Life)」です。この記事では「YMYL」とは何か?SEO対策において重要となるポイントについて解説していきます。

YMYLとは何か?

「YMYL」とは「Your Money Your Life」を略称した言葉で、ユーザーの金銭や命に関わる情報で重大な影響を与える可能性のあるジャンルを指します。Googleからは直接、ガイドラインで評価の一つの基準としてあると発表されています。

このジャンルを具体的に説明すると「商品の売買・金銭の授受」「金銭に関する情報」「医療や健康に関する情報」「法律に関する情報」などの人々の財産・生命に重大な影響を与えるような情報が該当します。YMYLでは情報が間違っていると、ユーザーが重大な不利益を被る可能性が高いので、「E-A-T」や運営者の情報、ユーザーからの評判などについて他のジャンルのサイトよりも厳しい基準が設けられています。

YMYLの対象となるジャンル

では、実際にどのようなジャンルのサイトが「YMYL」の対象となるのかを解説していきます。以下のような内容を扱うページはGoogleによる検索評価の基準がより厳しく設定され、ユーザーが検索するときの品質を高めようとしています。

YMYLの対象となるジャンル

金融に関する情報

投資や税金、クレジットカード、保険といった金融商品に関する情報やアドバイスに加えて、オンラインでの購入や送金ができるようになっているWebページもここに含まれます。

健康や医療に関する情報

健康や薬、精神疾患などの病気、病院に関する情報もこのジャンルに含まれます。

ニュースや時事情報に関する事

国際的に起こっているイベントやビジネス、政治や科学、テクノロジーに関する重要なニュースを取り扱う場合はこのジャンルに含まれます。しかし、スポーツやエンタメなどは含まれないので注意してください。

法律や政治に関する情報

選挙や離婚などの法律問題、社会福祉に関する情報が含まれます。検索するユーザーが正しい情報を得るために重要となるコンテンツを指しています。

人々の団体、人種に関する情報

人々の団体が発信している情報や主張についての情報や、人種や民族による出自、宗教、国籍、性的指向などに関する情報がここに含まれます。

その他

車の安全性についてや住宅に関する情報、大学選び、就職に関する情報も「YMYL」のジャンルとして扱われます。

※Google検索評価ガイドライン

## 過去に行われたYMYL関連のアップデート

過去に行われた「YMYL」関連のアップデートは、Googleが公式に発表している該当のアップデートは2017年の12月に施行された「医療や健康に関連する検索結果の改善(日本語検索による)」の一つだけです。

※Googleウェブマスター向け公式ブログ_医療や健康に関連する検索結果の改善について

これまでの歴史を振り返ると、コアアルゴリズムのアップデートが年に数回実施されると「YMYL」関連のサイトの順位がそれに合わせて変動しているので、コアアルゴリズムのアップデート情報を確認しておく必要もあります。

気になるYMYL対策方法4選

上記のアップデートの歴史で説明したように、「YMYL」について明確に判断しているアルゴリズムはありませんが、Googleからは「信頼性の高い、ユーザーにとって安心できる情報を提供する」と発表されています。

このような「Googleの求めるコンテンツ像」を踏まえて、以下で気になる「YMYL」の対策方法を4つに分けて紹介します。

YMYLの対策方法4選

ユーザーにとって良いコンテンツを作る

ユーザーにとって良いコンテンツを作る事は、基本的に思えますが一番重要になる要素です。

アルゴリズムのアップデート以前では、ユーザーにとってあまり良くないコンテンツが上位表示されてしまうケースもありました。Googleはこのままだとユーザーが離れていってしまうという事でこれを阻止すべく、評価の基準を厳しくしたりアルゴリズムのアップデートを行ってきました。これにより、ユーザーにとって良いコンテンツになっていない物で検索結果の上位に表示させる事は難しくなっています。

この考え方は、ユーザーにより重大な影響を与える「YMYL」に関してだけでなく、全てのコンテンツにおいて共通して求められていますが、「YMYL」に関するコンテンツはさらに基準が厳しくなると考えてください。

誰が運営しているのか明記する

サイトの信頼性を保つために、誰が運営しているかなどの運営者情報を明記する必要があります。この運営者情報がないと、ユーザーからすると「誰が運営するサイトか分からない」「手続きなどで困った時の連絡先がない」などの不信感を抱かれます。このようなサイトに自分の個人情報を預けたり、商品を購入したりしたくないですよね。

実際に、このような情報を載せないと、検索結果の上位に表示される事も難しくなり、仮にサイトにユーザーが訪れてもその後のコンバージョンに繋がりにくくなります。

コンテンツでの情報を裏付ける

そのコンテンツで紹介している情報が本当に正しいのか。情報の裏付けをする事も大切です。専門家に監修されている事を明記したり、情報の出元である論文などを明記する必要があります。

専門家に監修されている事を明記する時は、その人物がどのような人物か。信頼できる人物なのかどうかも明記しておく必要があります。その監修者が運営しているサイトがあれば、そのサイトからのリンクがあったりするとさらに効果的です。

定期的にサイトを更新して、正しい情報を公開する

ユーザーに正しい情報を届けるために、定期的にサイトに載せている情報を、新しい情報に更新する事が求められています。

サイトのコンテンツで一度情報を載せて終わりにしてしまうと、情報が古くなってしまい、ユーザーが不利益を被る事になります。「YMYL」に関連する、金融商品などに関する情報では特に法律や条例の変更が頻繁に起こるので、定期的なメンテナンスが必要不可欠になります。

YMYL対策をする際の注意点

「YMYL」ジャンルで検索結果を上位表示させるのに、上記の方法はとても効果的ですが注意しなければならないポイントもあります。ここでは「YMYL」対策をする際の注意点について解説していきます。

YMYL業界の対策をする際の注意点

E-A-Tとの関連性を理解する

「E-A-T」と呼ばれるGoogleの発表している、良いコンテンツかどうかを判断する基準との関連性を理解する必要があります。この「E-A-T」の考え方はどのサイトでも重要になりますが、「YMYL」ジャンルのサイトについては、よりこの基準が厳しく設定されています。

E-A-Tとは何か?SEOにおいて重要な3つの要素の対策方法

YMYLのコンテンツと他のコンテンツを一緒にしてはいけない

「YMYL」に関連するコンテンツと他のコンテンツを同じサイトで一緒にしてしまうと、Googleのアルゴリズムがサイト全体でどのような情報を扱っているかの判断がしにくくなり、順位が安定しなくなってしまいます。

なので、サイトのテーマを絞ってコンテンツを制作していく事が大切です。

まとめ

「YMYL」とは何か。対策方法や注意点についても解説してきましたが、他のジャンルのコンテンツを制作する時とGoogleから求められている事は変わりません。

ユーザーにとって良いコンテンツを作り、信頼性のあるサイトを作る事が一番重要になります。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事