VSEO対策とは?メリットと効果を期待できる対策の方法6選!

4 min
vseo対策のメリットとは

昨今、YouTubeに動画投稿をして求人を募集したり、直接商品の訴求を行うなどの戦略を取る企業が増えてきました。それと同時にYouTubeでの動画戦略について検討している方も多くいると思います。

この記事は、そのような方に向けて「VSEO対策」とは何か?「VSEO対策」をするメリットやそのやり方を紹介していきます。

VSEO対策とは何か

まず、VSEO対策とは動画コンテンツの検索エンジン最適化という意味です。主に、YouTubeでの動画が基本になるのですが、YouTubeでの検索結果の上位に自分の動画を表示させるための方法です。

現在、YouTubeには毎分500時間分の動画が投稿されています。仮に、YouTubeに動画を投稿しても、VSEO対策をしないと動画が埋もれてしまい、想定よりも成果が出ないという結果になりかねません。

VSEO対策の必要性

VSEO対策の必要性ですが、スマートフォンの普及で気軽にユーザーが動画を閲覧出来るようになり、YouTubeやTikTokなどのSNSが発展してきました。これからもどんどんと市場を拡大していく事が予想されるので、上手く活用する術を手に入れる必要があります。

また、企業のYouTube動画は、個人で活動されている方に比べて、あまりVSEOを意識した戦略を取れていません。だからこそ、競合が少ないこのタイミングで参入する事でより高い効果を得られる事を期待できます。

VSEO対策をする3つのメリット

動画コンテンツに関して、VSEO対策に則った戦略を取る事には大きく3つのメリットがあります。この3つのメリットについて解説していきます。

VSEO対策をする3つのメリット

YouTubeの検索結果で上位表示されるようになる

VSEO対策をする事で、YouTubeに動画を投稿した際に、ユーザーが検索した時に表示される動画に上位表示されやすくなります。

Webサイトなどで使われるSEO対策は、Googleのアルゴリズムが複雑化していますが、YouTubeの検索アルゴリズムはまだまだやれば効果が出るような状態です。なので、VSEO対策をする事で動画検索の上位を狙いやすく、上位に表示されれば自然とユーザーが目にする回数が増え、再生回数の増加に繋がります。

ユーザーに拡散される可能性が高まる

VSEO対策をした事によって、動画が検索上位に表示されれば、多くのユーザーの目に触れる事になり、動画を再生してくれるユーザーも増えていきます。そのユーザーが増えれば、拡散してもらえる可能性も高まります。その拡散によって一気に動画の再生回数が増加することもあります。拡散力の違いを考えても、VSEO対策をやるメリットは大いにあります。

低コストで対策できるためコスパが良い

動画コンテンツは元々、支払うコストに対してのリターンが大きいとして注目されていました。そこに加えて、VSEO対策をする事で、動画が検索上位に表示されれば、さらに再生回数を伸ばす事ができて、さらなる効率化を実現させられます。

また、VSEO対策には費用がそれほど高くかかるものではないので、動画を作る際のコストと合計しても少ないコストで間に合います。VSEO対策をして、最大限コストパフォーマンスをあげましょう。

効果を期待できるVSEO対策の方法6選

YouTubeでの効果を期待できるVSEO対策の方法を紹介していきます。VSEO対策の基本となる方法なので、高いコストパフォーマンスを求める際は、必ず抑えるようにしましょう。

 効果を期待できるVSEO対策の方法6選

キーワードをタイトルの前半に入れる

VSEO対策は、WebサイトのSEO対策のように、検索エンジンで検索してもらえそうなキーワードや流入を狙っているキーワードを選定して、動画タイトルの前半部分に入れる必要があります。

また、ユーザーが動画を見たくなるようなキャッチコピーを使って訴求力を高める事も重要です。再生回数の増加やCVRの増加を望む場合、クリック率を上げる事が必然になるので、検索順位の上昇だけを目的にしてはいけません。

動画説明欄にもキーワードを入れる

YouTubeで動画を投稿する際は、動画に説明文を追加する事が可能です。VSEO対策においては、この説明欄も重要な項目になります。ユーザーの検索結果や関連動画への表示に使われます。なので、動画説明欄には「メインキーワード」「チャンネル登録の訴求・SNSなどのリンク」「ハッシュタグ」の3つは必ず入れるようにしましょう。

説明欄の文章は、長すぎてもユーザーに読んでもらえないので、必要最低限の情報を簡潔に伝えるようにしましょう。こちらも上手く活用する事で再生回数を伸ばせます。

タグやハッシュタグを付ける

YouTube動画には、タグやハッシュタグを付ける事ができ、ユーザーも動画を検索して探す際にこのタグで検索している方も多いので、効果的なタグやハッシュタグの使い方ができれば再生回数の増加を見込めます。主に、動画に設定できる物のをタグ。動画説明欄で使用できるのをハッシュタグと言います。

また、タグやハッシュタグの使いすぎには注意してください。タグなどを使いすぎるとスパム行為であると認定され、動画を検索上位表示させる事が難しくなります。動画タイトルの上にタグは3つだけ表示されるので、その3つにメインのタグを入れるようにしましょう。

タイムスタンプを活用する

YouTubeではタイムスタンプと呼ばれる、動画内の指定した時間の箇所までスキップできる機能で、目次的な役割を担っています。

タイムスタンプの付け方は、動画説明欄かコメント欄に時間を半角数字で入力する事でリンクを設置できます。例:「8分22秒」→「8:22」

ユーザーを惹きつけるサムネイルを作成する

ユーザーが動画を検索して1番最初に目に映るのはサムネイルです。よって、動画のサムネイルは再生回数などに密接に関わってくる重要な部分です。

ユーザーがサムネイルをひと目見てクリックしたくなるようなサムネイルを作成できる事が理想です。ユーザーを惹きつけるデザインであるとともに、メインのキーワードや動画の中で重要になる部分は隠すなどの工夫する事がコツになります。

動画に字幕・翻訳を付ける

VSEO対策において、動画に字幕・翻訳を付ける事も重要になります。字幕は文字として検索の対象になるので、検索エンジンで表示させる事に効果的です。こちらはYouTubeのクリエイターツールの「自動文字起こし機能」を使う事で簡単に作成できます。

翻訳を付けるメリットは、日本以外の地域のユーザーの獲得に効果的になります。動画に翻訳を付ける事で国外のファン獲得にも繋がります。

また、この2つのVSEO対策においての大きなメリットは、YouTubeのアルゴリズムが動画の内容を把握でき、他の動画の関連動画に表示されやすくなります。

VSEO対策で効果を出すコツは?

VSEO対策で効果を出すコツは2つあります。どちらも動画投稿をする際は重要になるので確認しましょう。

動画を投稿する目的を明確に決める

VSEO対策で効果を出すには、投稿する動画に一貫性を持たせる事が重要になります。自分がなぜ、動画を投稿するのか。目的を明確に決めましょう。

そうすることで、動画に一貫性が生まれ、ユーザーに伝えたい情報やしてほしいアクションをハッキリとさせる事ができて、上手くユーザーを誘導する事ができます。

動画の最後にユーザーのリアクションを促す

動画の最後には必ず、投稿者側が求めているユーザーのリアクションを促しましょう。このリアクションをしやすくする工夫として、チャンネル登録やSNSなどへのリンクを設定すると効果的です。しかし、これはYouTubeの収益化ができているチャンネルのみで可能なので、収益化ができていない場合は動画の最後に、企業のロゴなどを入れて印象付けると良いです。ただし、過剰にユーザーにリアクションを求めるような表現は避けましょう。

まとめ

動画コンテンツを使った商品などの訴求力は、テキストコンテンツ以上になります。より多くの情報を簡単に発信できるので、活用している企業も多いです。これらの企業の投稿する動画に埋もれないように、VSEO対策を行い、検索結果で上位に表示される事を狙います。

今はまだ、このVSEO対策に本腰を入れている企業も少ないので、大きな効果を期待できます。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事