サジェスト汚染の対策方法は?発生原因から削除方法まで解説

5 min
サジ方法ェスト汚染対策方法

「自社のサジェストが汚染されてしまった」「汚染されたサジェストの対策方法はあるの?」

このように悩まれていませんか?自社のブランドや商品のサジェストが汚染されてしまうと、企業経営や売上に対して深刻なダメージを与える可能性があるので、早急に対策し解決したいですよね。

そこで今回は、サジェスト汚染の発生原因から削除するための対策方法について解説します。ぜひ最後までお読み頂き、早急な解決に活かしてください。

サジェスト汚染とは

そもそもサジェスト汚染とは、特定のキーワードを検索した際に予測変換として表示されるサジェストワードが、ネガティブなイメージを与えるワードが表示されてしまうことを言います。

例えば、自社の名前「株式会社◯◯」をGoogleで検索した際に「株式会社◯◯ ブラック」という形で予測変換のワードが表示されます。このことで、自社に「ブラック企業」というネガティブなイメージがユーザーについてしまい、企業活動に多大な影響を及ぼします。

では、このサジェストはどのような仕組みで表示されているのでしょうか?サジェストが表示される仕組みとその要因について理解することで、対策をする際にも役立ちます。以下で詳しく見ていきましょう。

サジェストが表示される仕組みと汚染の要因

前述の通り、サジェスト汚染の対策を行う前に、どのような仕組みでサジェストが表示されているのか理解しておくことが大切です。ここでは、GoogleとYahoo! JAPANのサジェストが表示される仕組みと、汚染されてしまう要因について解説します。

Googleのサジェスト表示の仕組み

Googleのサジェスト表示の仕組みは、下記の4つのロジックに基づいていると言われています。

・他のユーザーが検索している

他のユーザーがキーワードに対して2語目、3語目を検索していると、検索されているその2語目、3語目がサジェストに表示されやすくなります。

・キーワードに関連するWebサイトがすでに存在

例えば「◯◯株式会社」と検索した際に表示されるWebサイト内に「Webマーケティング」というワードが多く含まれていると、「◯◯株式会社 Webマーケティング」という形でサジェストが表示されやすくなります。

・ユーザーの検索位置によってサジェストが変わる

あなたが「渋谷」に住んでおり、近隣でランチができるお店を探すために「ランチ」というキーワードで検索した際には、「ランチ 渋谷」と表示されやすくなります。

・パーソナライズド検索が適用されることがある

Cookieを使用して、過去の検索履歴や年齢や性別などの属性を基に、最適化されたサジェストを表示する場合もあります。

・トレンド性のあるキーワードが表示される

Googleの検索エンジンやその他SNSで話題となり、検索数が上昇している話題のキーワードが表示されることも多い傾向にあります。

Yahoo! JAPANのサジェスト表示の仕組み

Yahoo! JAPANのサジェスト表示の仕組みは、Googleのサジェストと大きな違いはありませんが、一部に異なる部分があります。詳しく見ていきましょう。

・他ユーザーが検索している

Yahoo!検索のユーザーが入力したキーワードに対して2語目、3語目で組み合わせて検索されたワードを機械的に収集し、自動的に表示するようになっています。

・ユーザー個別の入力履歴やキャッシュ情報は利用されない

ユーザーの入力履歴や個人のキャッシュ情報は利用されず、関連キーワードが一律に表示される仕組みになっています。

つまり、Googleでは過去に検索したキーワードや履歴を通じて表示するサジェストが変わりますが、Yahoo! JAPANではそういった個人に紐づく情報は利用されず一定に表示されるということです。

また、個人にパーソナライズされた形で表示されないため、検索拠点なども情報として利用されません。そのため、Googleのようにサジェストで近隣のエリア名が表示されることもありません。

サジェスト汚染の要因

サジェストが汚染されてしまう要因は、主に下記の2点です。

・ユーザーが対象ワードと一緒にネガティブなワードを頻繁に検索している

・対象キーワードとネガティブなワードに関連するWebサイトが存在

つまり、「株式会社◯◯ ブラック」などのように検索するユーザーが多くいる場合、ネガティブワードである「ブラック」のキーワードが表示されやすくなってしまうのです。これは、GoogleやYahooで検索数(検索ボリューム)が一定以上あると、そのワードにニーズがあると判断されるからです。

ネガティブワードが多く検索されてしまう根本的な要因には、メディアや口コミなどで悪い噂が広まってしまい、そのことについて解説するようなWebサイトが現れることにあります。

例えば、ニュースなどで社長や役員、社員による不祥事が発覚した際には、下記のようなキーワードが連想される内容の記事が出ます。

・倒産

・ブラック

・逮捕

・業務停止

・セクハラ

・パワハラ

・悪徳

・脱税

・インサイダー

そして上記のキーワードを検索するユーザーが増えて、その記事のアクセス数が伸びます。すると、その情報がユーザーからニーズがあり強い関連性があると判断したGoogleやYahooは、サジェストのキーワードにこれらのキーワードを表示するようになります。

サジェスト汚染で考えられるデメリット

サジェスト汚染は、企業活動に深刻な影響を及ぼす問題です。ここでは、サジェストが汚染されると具体的にどのようなデメリットがあるのか解説します。

企業や商品に対するイメージが悪化する

ネガティブワードでサジェストが汚染されてしまうと、自社や商品に対するイメージが悪化します。もし、企業名がサジェスト汚染されてしまうと、売上や信用に関する問題はもちろん、従業員にもそのイメージが影響してしまう可能性があります。

サジェストワードに定着することで多くの人の目に晒される悪循環

ネガティブなキーワードは、ユーザーの目を引きます。そのことで、ユーザーから何度もクリックされるようになり、より多くの人に汚染されたサジェストが表示されるようになります。そうすると、さらに多くの人からクリックされ、もっと表示される機会が増えるという悪循環に陥ります。

ネガティブワードのサジェストの削除は、不可能ではないものの簡単ではできるものではなく、できることから早急に対策する必要があります。以下で、具体的なサジェスト汚染の対策方法について紹介していきます。

サジェスト汚染の対策方法 削除する方法4選

サジェスト汚染は早急に対策すべき重要な問題です。ここでは、サジェスト汚染の具体的な対策方法について4つ紹介します。

Googleにフォームからサジェスト削除申請を送る

Googleでは、サジェスト表示に関して検索機能のポリシーに違反するようなキーワードに対しては削除対応するとしています。

具体的には、下記に関連するものは削除の対象としています。

・危険なコンテンツ

・ハラスメント コンテンツ

・ヘイト コンテンツ

・露骨な性表現を含むコンテンツ

・テロに関するコンテンツ

・暴力や流血

・下品な言葉や冒涜的表現

その他、選挙や健康、個人に対する中傷的な言葉なども一部削除の対象とされています。

サジェスト汚染されてしまったものが、上記のような内容に該当にしていないか確認してみましょう。削除申請をして承認されれば、サジェスト汚染は解消されます。

ただし、ネガティブなサジェストワードが削除されても、根本的な問題と想定される記事やWebサイトは消えないということに注意しましょう。

要因と想定されるコンテンツ作成者に連絡し削除依頼をする

サジェスト汚染の根本的な原因となっているWebサイトやコンテンツの管理者に連絡をして、直接コンテンツの削除を依頼する方法です。サジェストが汚染されてしまうには、何かしらの理由があります。ネガティブなキーワードが検索されてしまうような、情報がWebサイトに掲載されていれば、その情報を削除する必要があります。

削除できなければ、また多くのユーザーがネガティブなキーワードを検索して、再度サジェストが汚染されてしまうことになります。

もし、Webサイトの管理者に連絡がつかない場合は「Whois情報」を確認してみるのもおすすめです。Whois情報では、そのWebサイトドメインの所有者情報が公開されています。

ただし、直接所有者の情報が記載されておらず、代行会社の名前が表示されている場合もあります。その際には、Webサイトのホスティング会社に問い合わせて確認しましょう。

弁護士に相談し削除対応を依頼する

「Googleに削除申請しても承認されない、根本的な要因となっているWebサイトからも対応してもらえない」そのような場合は弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する場合は、インターネットトラブルを専門に対応している弁護士に依頼するのがおすすめです。なぜなら、インターネットに関する各サービスには、それぞれ細かいルールがあります。掲示板などに記載された情報が、サジェスト汚染の原因となっている場合、その掲示板に記事を削除してもらうためには、その掲示板サイトのルールに従わなければ削除できません。

インターネットトラブルに詳しくない弁護士に相談してしまうと、思うように対応が進まない可能性もありますので、注意してください。

サジェスト汚染の対策業者に依頼する

サジェスト汚染の対策を専門に扱う対策業者に相談し、削除の対策をしてもらうこともできます。費用は数万円程度から10万円ほどが相場になっています。

汚染されたサジェストの対策をしてくれる対策業者には2種類あります。

・サジェスト表示の仕組みを利用して、表示されないように対策する会社

・削除に関する申請やその他の対応を代行する会社

問い合わせる前に、その対策業者がどのような対策サービスを提供しているのかチェックしましょう。

サジェスト汚染は迅速に対処することが重要

サジェストが汚染されてしまうと、企業の経営や売上に関わる重要な問題になります。一度ネガティブワードでサジェストが汚染されると、ブランドや商品イメージが傷つき深刻な問題に発展することもあります。影響が大きくなる前に、迅速に対策をするのがおすすめです。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事