SEOアウトソーシングとは?メリットと失敗しない選び方を解説

5 min
SEOアウトソーシングとは?

近年、インターネットの発展により自社のHPを持ち、通販サービスを行う会社なども増えてきました。それに伴い、SEO対策が重要になるのは明白ですが、その時に「SEOアウトソーシング」と呼ばれるSEO対策を外注するという手法があります。

この記事では、「SEOアウトソーシング」とは何か。そのメリットや外注する業者の選び方を解説していきます。

SEOアウトソーシング(外注化)とは何か

現代において、事業を行う際にほとんどの方が利用しているHPなどのオンラインコンテンツですが、このコンテンツの流入を増やすためにはSEO対策などの施策を行う事が必要不可欠です。ですが、自社でこのSEO対策をしようとするとGoogleなどの検索エンジンの事やWebなどのコンテンツに関する知識など膨大な情報を整理し、適切な運用方法を取る必要があります。

そうすると、実行のために人手や時間もかかってしまうので、SEO対策自体を外注するという方法が生まれました。SEO対策を行いたいが、「具体的に何をしたら良いかわからない」「人手や時間も足りない」という企業におすすめのサービスが「SEOアウトソーシング」となっています。

SEOアウトソーシングの3つのメリット

SEOアウトソーシングの3つのメリット

「SEOアウトソーシング」を利用する事で得られるメリットは大きく3つあります。自社で「SEO対策についての知識やノウハウがない」「SEO対策にかける人手や時間も不足していて手を回せない」という企業にはとても便利なサービスなので、知っておくだけでも良いでしょう。

ここでは、SEOアウトソーシングを利用するメリットを3つ詳しく解説していきます。

SEO対策のプロに頼める

SEO対策を代行する会社は、当然SEO対策のプロです。SEO対策は日々、Googleからのアップデートを受けて取るべき施策や作るべきコンテンツが変わっていきます。

自社でSEO対策を行うには、その専門的な知識を持った人を雇ったりするコストも発生してしまいます。プロに外注すれば、最新の情報によって適切な施策を実行してくれるので、ある程度の成果も期待できます。少しでも不安があれば、話だけでも聞いてみても良いかもしれません。

自社からは見えない客観的な視点からの戦略を取れる

自社の社員がSEO対策を担当すると、どうしても主観的な目線によった施策を取ってしまいがちです。SEO対策を行っている業者はこれまでに行ってきたSEO対策の知識やノウハウ、経験をフルに活用して施策を決定出来ますし、自分の会社ではないので、客観的な視点で俯瞰してその事業や目的を見て、それに合った戦略を取る事ができます。

この点でも、「SEOアウトソーシング」を利用する価値は十分にあると言えます。

自社事業に集中できる

先述したように、SEO対策を自社で行おうとすると、想像以上に人手や時間を割くことになってしまいます。自社の社員の負担を増やし、業務量が過剰になってしまう事もあります。

自社の社員がSEO対策を担当して、効果的な施策を取れるかどうかも分かりません。SEO対策会社に外注すれば、SEOのプロに担当してもらえる他にも、自社の人手や時間などのリソースを割く必要がなくなるので、社員が自社の事業に集中して業務を行えます。

SEOアウトソーシングのデメリット

「SEOアウトソーシング」の大きなメリットについて解説しましたが、当然、デメリットもあります。ここでは、「SEOアウトソーシング」のデメリットについて詳しく解説していきます。

自社にノウハウを貯める事ができない

一つ目のデメリットとして、SEO対策を専門の会社に外注すると、自社にSEO対策に関わるノウハウを貯める事ができません。

SEO対策は瞬間的に効果が出るものではなく、長い時間をかけて行っていく事が一般的です。なので、自社でノウハウや知識を貯める事ができないとそれなりにコストがかかってきてしまいます。

このデメリットを深刻であると考える事もありますが、将来的に自社でSEO対策を行っていくのであれば、始めはSEO対策の専門家に任せて、そこからノウハウや知識を吸収していって自社で行うフェーズに移行していくという考え方もあります。なので、自社の現在の状況や将来の事も考えて検討する必要があります。

外注する費用がかかる

依頼する会社や依頼する業務範囲にもよりますが、SEO対策を外注すると1か月で15万円以上のコストがかかる事が多いです。コンテンツの内容やサイトの規模によっては、100万円を越える事もあります。

先程、説明したようにSEO対策は瞬間的に効果が出る事はありません。なので、このかかるコストと使える予算、費用対効果を考えて検討する事が大切です。

どんな企業がSEOアウトソーシングをすべきか

ここまでに「SEOアウトソーシング」に関するメリット・デメリットを解説してきましたが、結局のところSEO対策を外注すべきなのか分からないという方も多いと思います。

なので、どんな企業が「SEOアウトソーシング」をすべきかを以下でまとめましたので、検討するの際の参考にしてください。

・自社の社員にSEO対策に関する知識を持っている人がいない

・人手や時間が足りず、SEO対策にまでリソースを割けない

・SEO対策を過去に自社で行ったが、納得のいく効果が得られなかった

・自社の社員がSEO対策に注力するあまり、他の業務に集中できていない

・自社のSEO対策による効果に満足しておらず、より高い効果を求めている

SEOアウトソーシングをする時に失敗しない業者の選び方

SEOアウトソーシングをするときに失敗しない業者の選び方

現在では、数多くの会社が「SEOアウトソーシング」をしていますが、SEO対策を行う業者の数も数え切れません。その中から、質の高い業者を選ぶのは難しいと感じがちですが、業者の選び方にはいくつかの判断基準があるので、それに留意しながら選ぶ事で業者選びを失敗するリスクを最小限に抑えられます。

以下では、「SEOアウトソーシング」をする時の業者の選び方について解説しています。

利用可能なサービス内容を確認する

まずは、SEO対策業者で利用可能なサービス内容を確認する必要があります。SEO対策会社のサービス内容は多くあり、対応できる範囲も様々です。サービス内容が多いからといって、その業者を選ぶべきとは言えません。

自社の事業で、現在抱えている課題や目指している事に合ったサービスを提供している業者を選ぶ必要があります。なので、明らかに自社の事業に合っていないと感じる業者を選ぶ事は避けましょう。

費用について

SEO対策業者にもよりますが、主な料金の支払い方は「固定報酬」「成果報酬」の2つです。「固定報酬」であれば、月10万円~100万円である事が一般的です。受けるサービス内容や範囲によっても変わりますので、事前にきちんと確認する事が必要です。

「成果報酬」はどの成果に基準を置いているかも会社によって、様々なので、「固定報酬」の場合と同様に安易に依頼する事は避けましょう。自社にSEO対策に関する知識を持った人がいない場合などは、特に1社だけの提案で検討するのはやめた方が良いです。

提案の際に、サービス内容と対応可能な範囲やかかる費用について明確な見積もりを出してもらう必要があります。その内容や費用について適切であるかどうかを見極める事が業者選びの重要なポイントになります。

コンテンツの質が高いかどうか

SEO対策については、そのコンテンツ様々な観点からGoogleが評価し、検索順位が上下しますが、最も重要な要素となるのが「コンテンツの質」です。ユーザーのためになるコンテンツかどうかをGoogleは最も重要視しています。

なので、依頼する会社が制作するコンテンツの質が高いかどうかを適切に判断する必要があります。1社だけの提案で決めるのではなく、いくつかの会社からコンテンツの例などを見せてもらい、判断しましょう。

最新の実績を確認する

SEO対策を外注する時には、その会社の最新の実績や自社と同じようなサービスを提供している会社で、どのような効果が出ているかを確認する事が大切です。

Googleは常にアルゴリズムのアップデートを行っており、2~3年前の実績が今も出せるかどうかは分かりません。少し前まではGoogleの規約に違反した手法で検索順位を上げている業者も多くいました。

また、自社と同じようなサービスを提供している会社にSEO対策をした過去の実績を見れば、どのような成果が出るかをある程度推測できます。これらの理由から、実績を確認する事が重要になっています。

その業者のサイトがSEO対策されているか

業者を選ぶ際の一つの判断基準として、その業者のサイトがSEO対策されているかを見ても良いでしょう。

「SEO対策 コンサル」などで検索して、その会社のサイトが上位に表示されていればその会社のSEO対策のノウハウやスキルは一流であると判断できます。

無理な勧誘や宣伝がないか

悪質な業者だと、しつこく営業をしてきたりする事があります。自社のノウハウや実績で仕事を取るのではなく、営業力で仕事を取っている会社ではあまり、SEO対策の効果を出せない事があるので避けた方が良いでしょう。

SEO対策の効果を保証していないか

SEO対策は、瞬間的に効果が出るものではないと説明しましたが、同様に同じ施策を行ったとしても必ず一定の効果が出る事もありません。その時のアルゴリズムのアップデート状況や社会情勢、ユーザーのニーズによっても変化は起こります。

なので、「必ず上位に表示させる事ができます」

まとめ

ここまで、「SEOアウトソーシング」についての基礎的な考え方や利用するメリットや、業者の選び方について解説してきました。

SEO対策を外注すれば、自社のリソースを使わずにSEO対策を行えますし、SEO対策のプロのノウハウなどを吸収する事で、将来的に自社内でSEO対策を行う事も可能になります。すぐに効果が出るようなサービスではありませんが、得られる効果は計り知れないので、一度検討してみてください。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事