パンダアップデートとは何か、影響を受けるコンテンツの特徴と今後の対策を解説

4 min
パンダアップデートで影響を受けるコンテンツの特徴

パンダアップデートとは何か

パンダアップデートを簡単に説明すると、品質の低いコンテンツを検索結果に表示されないようにする事で品質の高いコンテンツ上位に表示させる事を目的としたGoogleの検索アルゴリズム更新の事です。

2011年にアメリカなどで導入された後、翌年の2012年に日本語のサイトにも適用された事をGoogleが公式Twitterで発表しています。

なぜ、導入されたのか

Googleがパンダアップデートを導入した理由には、「コンテンツ・ファーム」と称された、ユーザーに価値をあまり提供できていないような、低品質なコンテンツを量産しているサイトを表示させなくするためだと言われています。

かつては、このユーザーの求めていない情報や、広告の多すぎるサイトが様々な検索結果に多く表示されていました。この事は、ユーザーの検索に対する満足度を下げる効果しかなく、そのような状況を改善するために、低品質なサイトを表示させないためのアルゴリズムのアップデートを行いました。

品質の低いコンテンツを排除していく事で、検索結果の上位に品質の高いサイトが表示できるようになり、その影響を感じたコンテンツの運営者が、独自性や専門性の高い、ユーザーにきちんと価値の提供ができるコンテンツを作成する事により、検索ユーザーに正しい良質な情報を与える事を目的とされています。

SEOへ与える影響

上記でも述べていますが、品質の低いサイトはSEO対策への影響を大きく受けました。この影響を受けるサイトには特徴があるので紹介します。

  • ・独自性や専門性がない
  • ・サイト内に記載されている他のページと酷似する部分が多い。
  • ・広告が過剰で、サイト独自の情報が占める割合が少ない
  • ・内容が乏しかったり、薄い内容のサイト
  • ・SNSで共有されていない
  • ・外部サイトからリンクの共有を得られていない
  • ・他のサイトの内容と酷似している

ここで挙げた原因での、検索結果の順位の降下がパンダアップデートによる作用なのかを特定する事は難しいです。またそれを特定しても改善すべき点は、変わらないのであまりメリットもありません。上記の特徴に注意して改善した、品質の高いコンテンツを作成する事を心がけましょう。

また、上記の品質の高いサイトと低いサイトを判別する基準よりも詳細に説明されているものをGoogleが公式に発表しています。以下の内容が、検索ユーザーが何を求めているかについて25のGoogleなりの考えと述べています。

良質なサイトを作るためのアドバイス-Google公式情報

①ユーザーはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

②この記事は専門家やトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

③サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの酷似する記事や完全に重複する記事が存在しないか?

④ユーザーはこのサイトにクレジットカード情報を安心して提供できるか?

⑤この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

⑥このサイトで取り扱われている情報は、ユーザーの興味に基いて決定されたものか?それとも検索エンジンの上位表示を目的として作成されたものか?

⑦この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

⑧同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりとした価値を持っているか?

⑨コンテンツはきちんと品質を管理されているか?

⑩この記事は物事の両面をとらえているか?

⑪このサイトは、そのトピックに関して第一人者として認識されているか?

⑫次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

⑬コンテンツが外注などにより量産されている

⑭多くのサイトにコンテンツが分散されている

⑮記事はしっかりと編集できているか? それとも雑に作られたものではないか?

⑯健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

⑰サイトの名前を聞いたときに、信頼できるサイトだと認識できるか?

⑱記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

⑲記事が、当たり前の事だけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

⑳ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなサイトか?

㉑記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な広告がないか?

㉒記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

㉓文字数が短い、内容が乏しい、またはユーザーに役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

㉔ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

㉕このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

良質なサイトを作るためのアドバイス-Google公式情報

以上の25項目が、Googleの考える良質なコンテンツを作成するための考えです。特段、難しい事をサイト運営者に求めているわけではなく、「ユーザーのためになるコンテンツを作りなさい」という指示だと考えて良いでしょう。

自動更新へと変わったため、注意が必要

また、パンダアップデートは導入当初、通常のアルゴリズム更新は自動で行われていましたが、手動でアルゴリズム更新を行っていました。加えて、更新の度にGoogleからの告知もありました。しかし、2013年以降は、通常のアルゴリズムと合わされて、自動でアップデートが行われるようになりました。

アップデート更新の自動化により、告知される事もなくなったため、サイト運営者やサイトのSEO担当者はパンダアップデートに気づく事が難しくなっています。現在では、月に1回の頻度でデータをアップデートしているようですが、この情報について、Googleからの告知は行われておりません。

しかし、2014年の5月に実施されたパンダアップデートや同年の9月に実施されたアップデートの時は告知されました。これからも、ユーザーの検索結果や検索順位に大きな影響を与えるような大規模アップデートを実行する際は、事前にGoogleから告知があるかもしれません。

導入した意図を汲み取り、サイトを運営する

パンダアップデートに対応したコンテンツを作る方法などについて疑問に思うかもしれませんが、まず考えるべき事は、Googleがなぜ、このパンダアップデートを実装したのか、導入した意図を汲み取り、サイトを運営する事が大切になります。

この意図を考えれば、自ずと取るべき施策も浮かんでくるのではないでしょうか。ユーザーファーストの目線でコンテンツを作る事がとても重要になります。

まとめ

パンダアップデートに対応するには、Googleがユーザーが検索した際に、本当に求めている情報や価値を提供できるコンテンツを作成する事が重要です。質の高いコンテンツはSNSでも共有されたりする等して自然とサイトへの流入も増えていきます。

まずは、アルゴリズムのアップデートを気にするのではなく、ユーザーのためになるサイトを作り、良質なコンテンツを作成する事だけを考え、行動する事が大切になります。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事