MUMとは?Googleの新しい検索アルゴリズムの特徴や対策について解説

3 min
MUMとは?Googleの新しい検索アルゴリズムについて解説

2021年の5月に開かれたGoogleの年次開発者会議であるGoogle I/Oで、新しい検索アルゴリズムである「MUM」が発表されました。

この記事では、この「MUM」とは何か。どうして新しく追加されるのかなどについて分かりやすく解説していきます。

MUMとは何か

「MUM」とは、複数回の検索が必要になる複雑な質問に対し、検索ユーザーが必要とするであろう情報をより正確に提供できるようにする検索アルゴリズムです。

まだ試験段階なので、いつの実装になるかはわかりませんが、いつ実装されても柔軟に対応できるよう準備しておく必要があります。

※Google公式 MUMについての発表

なぜ、MUMが必要になるか

なぜ、「MUM」という新しい検索アルゴリズムが必要かと言うと、仮にあなたが「私はアダムス山に登ったことがあり、次の秋に富士山に登る事を検討しています。そのときには以前のアダムス山とは違ってどのような準備をする必要がありますか?」と検索しようとしたとします。

この文章はあなたやユーザーが普段、友達や家族との会話で生まれるような質問です。しかし、現在の検索アルゴリズムではこの会話のような文章では、文の中に判断の難しいニュアンスが含まれていたりして、ユーザーの求める情報を提供する事ができません。

なので、Googleは「MUM」という、会話調での検索や難しいニュアンスでも処理できる言語処理能力を備えた新しいアルゴリズムを作ろうとしています。「MUM」が完成すれば、上記のような質問からユーザーの検索意図を読み取って、その山の地形やその地形に慣れるためのトレーニング方法などに関する情報を公開している記事や動画などのユーザーの求める情報を今よりも正確に伝えられるようになります。

MUMの特徴と強み

今の既存の決定的に違う「MUM」には、文字情報だけを処理するだけでなく、画像の検索に対応するなどの特徴や強みがあるので、ここで詳しく解説していきます。

MUMの特徴と強み

BERTを遥かに超える処理能力

「MUM」はGoogleが現在使っている「BERT」と呼ばれる自然言語処理のAI技術と同じように、AIによってシステムが構築されていますが、「MUM」は「BERT」の1,000倍以上の処理能力があると公式に明言しています。

「MUM」では今までの検索した言語を理解するだけでなく、自ら言語を作り出す力があります。現在の「MUM」は75カ国語と異なる検索課題を同時に学習する事が可能で、文字や画像などの情報も処理できます。さらに将来的には、動画や音声などによる形式にも対応する予定です。

言語という境界線をなくす

現在、ユーザーが検索するときには検索したときに使用した言語で書かれているページを表示するようになっています。こうすると、ユーザーが本当に求める情報に辿り着けないというデメリットが存在します。

「MUM」では、言語からその知識を理解する事によって、この言語という境界線をなくす事ができ、検索した言語以外の文献などを表示する事が可能になります。例えば、日本語で検索欄に入力しても英語やドイツ語で書かれた文献や論文を表示する事ができ、ユーザーにより正確な情報を提供する事が可能になります。

※検索時に使用した言語のページを優先的に表示はする。

画像での検索にも対応できる

「MUM」は今までのAIよりも遥かに優れたAIを使用する事で、画像での検索などの文字とは異なる検索の仕方にも対応できるようになります。

Googleは公式に例を出しており、「MUM」の開発が進めば、登山用の靴の写真を撮り、その写真で「この靴を使って富士山に登れますか?」と検索する事が可能になると明言しています。

高度なAI技術により、画像と言語を同時に理解して、ユーザーにより適切な情報を表示できるようになるのが「MUM」という検索アルゴリズムです。

MUMの導入事例

MUMは先日からGoogle検索の一部で活用され始めています。新型コロナウイルスワクチンに関して、アストラゼネカ、モデルナ、ファイザー、コロナバック、スプートニクなどの配布されているワクチンは、世界中で呼び方が異なります。その呼び方は800種類を超えています。「MUM」はこのさまざまな呼び方を正しく識別し、正しい情報をユーザーに伝えています。それによって、新型コロナワクチンに関する信頼性の高い世界中の情報を探すことが可能になりました。

※ワクチン情報に関する検索を理解する_Google公式ブログ

まとめ

ここまで、「MUM」について解説してきましたが、既に新型コロナウイルス感染症ワクチンという一部の情報で実装されています。現在は開発と試験の最中ですが、一部で適用されているという事はそれも最終段階です。なので、今後数ヶ月で実装される可能性が高いです。そのときには、ユーザーが上記のような検索をできるようになり、より正確で求められている情報をユーザーに表示できるようになります。

WebのSEO対策を担当している方は「MUM」によってユーザーの検索の仕方が変わったときに、その流れに置いていかれないように、今後の動向なども慎重に調べていく必要があります。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事