【2022年度版】SEOの基本と初心者に向けた対策方法を徹底解説!

10 min
SEOの基本と初心者のための対策方法

現在では、多くの企業や個人でもHPを運営していることも多く、SEOという言葉を耳にすることも増えてきたと思います。しかし、SEOについて実際に対策する方法などを理解できている方は少ないと思います。

これから、自社のHPにおいてSEO対策をしていきたい方や個人でHPを運用していきたいと考えている人向けに、この記事では、SEOの基本と初心者に向けた対策方法を解説していきます。

SEOとは何か

SEOとは検索エンジン最適化と言い、Search Engine Optimizationの略称です。より具体的に説明すると、Webサイトの内容をGoogleという検索エンジンが認識しやすいように最適化し、自分が発信する情報をユーザーに届けられるように最適化するということです。

現在では、インターネットで検索するという行為が当たり前になってきており、自分の公開したコンテンツが競合のコンテンツに埋もれずにユーザーに表示され、自分の届けたい情報が届けたいユーザーにきちんと届くように検索エンジン最適化が必要になります。

また、検索エンジンも日々のアップデートで進歩しており、傾向として検索エンジンが認識しやすいような施策をおこなうよりも、ユーザーが求める情報が載っていたり、信頼のできる情報であるかどうかなどを明示することの方が評価されやすくなってきています。

そのため、小手先のテクニックなどを調べて実行するというよりかは、この記事を読んでSEOの基本を学んで、ユーザーの利益となるようなコンテンツを発信することが重要になってきています。

SEO対策をする目的

前述したように、自分が発信したいと思っている情報も同じようなジャンルのWebサイトで既に似たような情報が公開されていることが多いです。そのため、SEO対策をおこなってユーザーが検索したときに上位に表示されるようにして、自社のWebサイトの流入を増やすことが目的になります。

しかし、SEO対策はWebサイトの流入を増やすためのマーケティング施策です。そのため、根底にあるそのWebサイトで達成したい目標や目的(認知拡大・商品販促など)に繋がるような施策をおこなうことも重要です。

現在では、インターネットを利用することが主流になっているために、マーケティング施策の中でもSEOは重要な項目になっているので、基本だけでも理解しておきたい項目です。

SEO対策をするメリット

SEO対策をするメリット

SEO対策にもメリットとデメリットの両方があります。そのため、以下ではSEO対策をするメリットとデメリットについて解説していきます。

自社のHPが資産になる

SEO対策をおこない検索エンジンからの集客を目的としたHPは、半永久的に残り続けるので、永久的に集客のできる資産となります。

そのためには、より質の高いコンテンツを公開し、定期的にメンテナンスする必要がありますが、それでも得られる効果は絶大なのでおこなう価値は存分にあると言えます。

広告費の削減に繋がる

リスティング広告などのインターネット広告で集客をしようとすると、当然継続して費用がかかってしまいます。そのため、新規商品の販促のために単発で利用している企業も多いのではないでしょうか。

反対に、SEO対策をおこない検索上位に自社のHPが表示できれば、集客にかかる広告費の削減に繋がります。SEOを自分でおこなう際には費用がかからないので、広告よりもコストパフォーマンスが良いという見方もあります。

さらに、ユーザーが検索した際に上位に表示されるSEO対策のされたサイトのクリック率は、リスティング広告よりも高いという情報もあります。ユーザーとしても広告で出てくる商品やコンテンツよりも検索エンジンであるGoogleに評価されているHPを見たいと考えることもあるので、リスティング広告よりもコストパフォーマンスが良いとも言えます。

SEO対策をするデメリット

SEO対策をするデメリット

上記では、SEO対策をするメリットを解説してきましたが、SEO対策をするデメリットもあるので、以下で解説していきます。

一定の効果が出るまでに時間がかかる

前述したようなリスティング広告では、広告を出稿すればすぐに効果が出ますが、SEOでは一定の効果が出るまでに時間がかかります。

そのため、上位表示されるために泥臭く継続して運用していく必要があります。その期間も半年~1年以上かかることもあるので、短期間でコンバージョンを獲得したいと考えている方には不向きの施策であると言えます。

アップデートに対応しなければいけない

Googleは検索ユーザーの利益を満たすために、日々アップデートをおこなっています。大きなアップデートは予告や通知がされることもありますが、告知のあった当日にはアップデートが完了していることもあるために、仮に上位表示ができていても下落してしまうリスクが常にあります。

しかし、Googleの方針としてユーザーの求める情報を適切に上位表示させたいという意向があるので、ユーザーにとって質の良いコンテンツを作成していれば、そこまで心配することもありません。質の悪いコンテンツで上位表示ができても、その後のコンバージョンレートなどが悪くなってしまうこともあるため、質の高いコンテンツを作ることは重要な施策であると言えます。

SEOの順位が決まる仕組みを理解しよう

 SEOの順位が決まる仕組みを理解しよう

ここまでに、SEO対策をする目的やメリット・デメリットについても解説してきましたが、以下では実際にSEOの順位がどのように決まっているかを解説していきます。

SEOの順位が決まる仕組みを理解できれば、自ずとおこなうべき施策が見えてくるので、仕組みを理解することはとても重要です。

クロールとインデックスの関係

SEOの順位が決まる仕組みを理解するには、クロールとインデックスの関係を理解する必要があります。クロールとはGoogleのような検索エンジンが日々更新されるコンテンツや新規で公開されたコンテンツを見つけて、回収することを言います。このクロールは「クローラー」と呼ばれるシステムがおこなっています。

インデックスとは、クローラーが見つけてきたコンテンツをデータベースに保存することです。検索ユーザーが特定のキーワードで検索をしたときに、すぐに検索結果を表示できるように整理してコンテンツの情報を保存しています。

そのため、クローラーと呼ばれるシステムがクロールでコンテンツを回収して、そのデータをインデックス(保存・整理)していると考えてください。

検索結果の重要性

ユーザーが特定のキーワードで検索して、Googleなどの検索エンジンがユーザーにとって利益のあるコンテンツであると評価されたコンテンツが表示されますが、仮にこの上位表示させることに法則や決まりがない状態であると、検索ユーザーは求める情報を手に入れることが難しくなり、自分で情報を見極める必要も出てきます。

そのため、Googleのような検索エンジンは検索ユーザーが検索したときに、関連性の高いコンテンツをデータベースから取り出して順位付けをして表示しています。検索ユーザーの検索した特定のキーワードと関連性の高いコンテンツを上位に表示することで、検索ユーザーの求める情報を提供できるように検索エンジンは、このようなランキング形式のような方針を取っています。

Googleの基本的な考え方を理解する必要がある

SEO対策をおこなう際には、Googleの基本的な考え方を理解する必要があります。前述したようにGoogleは検索ユーザーに高い価値を提供できるように、日々アップデートをおこなっています。しかし、このアップデートは根底にあるGoogleの考え方に沿って施策をおこなえば、アップデートの対策はもちろんのこと上位表示もできるようになります。

以下では、このGoogleの基本的な考え方を詳しく解説していきます。

E-A-T

E-A-TとはWebサイトの情報に「Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・TrustWorthiness(信頼性)」があるかどうかを評価していることを示しています。Googleは公式にGoogle General Guideline(検索評価ガイドライン)で「E-A-Tは有益な目的を持つすべてのページにとって非常に重要である」と発表しています。

そのため、Googleの考え方としてE-A-Tを満たすコンテンツは質の高いコンテンツとして評価することを理解できます。

YMYL

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略称で、検索ユーザーの健康、経済的安定や安全に関わるページのことを指しています。このYMYLに関するジャンルは主に、以下のようなジャンルのページになります。

・最新のニュースや時事

・法律や市民の権利、政府に関すること

・金融情報

・ショッピング

・健康と安全

・人々のグループや宗教団体

上記のようなジャンルに関する情報を発信するときには、発信した情報が検索ユーザーの生活に大きく影響を与えることを理解しておかなければいけません。GoogleもYMYLと呼ばれるジャンルに関する情報で間違っている情報が発信され、それが広がってしまうことの影響の大きさを懸念しており、YMYLのジャンルでは特に情報の信頼性が重要視されています。

そのため、SEO対策をする際に特に発信したい情報が決まっていない状態で、YMYLのジャンルに関する情報を発信することは避けた方が良いでしょう。しかし、弁護士や医者のような資格を有している方の運用するWebサイトの情報は信頼できると評価される傾向にあるので、あくまでも個人での運用には向いていないと考えてください。

ブラックハットSEOはペナルティの対象

前述したように、GoogleはGoogle品質評価ガイドラインを公開しています。ガイドラインで説明されているのは、サイトを運営していく上での注意点やどうやってコンテンツを評価しているのかも説明していますが、当然このガイドラインに反する行為はペナルティの対象となります。

現在では、GoogleのアップデートでブラックハットSEOと呼ばれるこのようなガイドラインに反するような手法で検索順位を上げることは難しくなり、ペナルティを受けて検索結果に表示もされないこともあります。

そのため、ブラックハットSEOのようなユーザーの利益と繋がらないような手法をおこなうのではなく、純粋に質の高いコンテンツを公開して正当に検索エンジンに評価してもらうことを目指しましょう。仮にブラックハットSEOで一時的に順位を上げられても下落するリスクなどを考えるとコストパフォーマンスが悪いので、避けることをおすすめします。

SEO対策をするのに必要なツール

SEO対策をするのに必要なツール

SEO対策はすぐに効果が出るものではないことは既に説明しましたが、まずは現状を理解してその現状を改善するような施策をおこなう必要があります。

SEO対策でおこなう分析で主になるのは、以下のようなことになります。

・検索エンジンから適切にWebサイトが認識されているか

・決めたキーワードで検索結果に表示されているか

・検索エンジンからの流入があるか

上記のような項目を分析する際に「Google Analytics」と「Google Search Console」の2つをほとんどのサイト運営者が登録しています。どちらも無料で使うことのできるツールですが、登録してからデータを計測するので過去のデータを知ることはできません。

Google Analytics

Google AnalyticsはGoogleの提供するアクセス分析ツールです。サイトへの流入数やユーザーの滞在時間や閲覧したページなどのデータ、ほかのサイトからの流入などを確認できます。

※ECCLabより引用

Google Search Console

Google Search ConsoleはGoogle Analyticsで確認できないキーワードのデータ(表示回数や掲載順位など)を確認できます。また、Webサイトに何らかの問題があったときにはアラートメッセージで確認することもできます。

※web iconより引用

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleの2つを上手く活用して、現状を分析し、適切な施策をおこなっていくことがSEO対策ではとても重要になります。

初心者でもできる検索順位を上げるために必要な対策

ここまで、SEOについて質の高いコンテンツを公開する必要性なども解説してきましたが、より詳しく初心者でもできる検索順位を上げるために必要な対策を解説していきます。

SEO対策で重要になる項目は、主に以下のようなものが挙げられます。

・コンテンツの質

・被リンクの数と質

・ガイドラインに沿っているか

検索エンジンは、上記のような項目で総合的にWebサイトを評価しています。そのため、どれかが特筆して良かったり悪かったりしても上位に表示することは難しいです。この3つの項目をそれぞれに合った適切な施策をおこなうことが必要です。

コンテンツの質

まずは、自分の決めた特定のキーワードで検索するユーザーの求める情報を提供することが大切です。検索ユーザーのニーズを満たすことはSEO対策の中でも、最も重要な対策になります。

より具体的に確認すべき項目を、以下で解説しているのでぜひ確認してください。

タイトルや見出しにキーワードがあるか

タイトルや見出しに自分の上位表示したいキーワードがあるかどうかは、SEOにおいてとても重要です。検索ユーザーもそのキーワードが含まれていない記事では、自分の求める情報がそのサイトにあると理解出来ずにクリックすることが難しいです。

もし、自分でコンテンツを作成する際に、どのようにタイトルや見出しにキーワードを組み込んだら良いか分からなければ、そのキーワードで検索して現在上位表示されている競合記事がどのように組み込んでいるかを参考にすることをおすすめします。

しかし、競合記事のコピー記事では検索順位を上げることは難しいので、あくまでも参考にすることを理解しておいてください。

ユーザーが必要とする情報が網羅されているか

上記で説明したように、上位表示されている競合記事の中にある情報で、自分の提供するコンテンツの中に入っていない情報があれば、必ず追加するようにしましょう。

ユーザーが必要とする情報は特定のキーワードであっても、さまざまであることが予想されます。それに加えて既に上位表示されている競合記事は、Googleからユーザーの求める情報を提供出来ていると判断されているために上位表示されています。

そのため、ユーザーの求める情報を網羅することが重要です。しかし、情報を網羅するだけでなくそのWebサイトにしかない情報も盛り込むことが大切です。そうしなければ、そのサイトにユーザーが訪れる意味がないからです。

関連するコンテンツを追加されているか

特定のキーワードで検索上位に表示させたければ、関連するコンテンツを追加して、コンテンツ数でも評価してもらう必要があります。

例えば「旅行」というキーワードで検索上位に表示したければ「旅行 国内」「旅行 海外」「旅行 東北」などの関連するコンテンツを追加していく必要があります。

検索順位の高いWebサイトであれば、関連するコンテンツの量も多いので、サイト全体で関連するコンテンツの量を増やすことが重要なことが分かります。

被リンクの数と質

Googleは被リンクの数と質も評価しています。そのため、サイト全体でより多くの被リンクを獲得すること、質の高いサイトからリンクを獲得することが必要があります。

関連性の高いサイトから被リンクを得る

関連性の高いサイトから被リンクを得ることは、被リンクの質に繋がります。もし、関連性の低い全く関係のないようなサイトからの被リンクがあっても評価されることは難しいです。

そのため、自分の提供するコンテンツと関連性の高いサイトから被リンクを得られるようなコンテンツを作ることも大切です。統計情報などをコンテンツにすることは被リンクを得やすいことで有名です。

ペナルティの対象となる被リンクでないようにする

被リンク評価を上げるための被リンクは、ペナルティの対象となっています。Googleが被リンクで評価することは質の高いコンテンツは自然に被リンクの数が増えるという考えに基づいているので、被リンクを買うことなどはペナルティの対象となって、検索順位を下げることにも繋がるので、質の高いコンテンツを作成して被リンクを増やすことを心がけましょう。

Googleのガイドラインに沿った施策をおこなう

前述したように、Googleのガイドラインに沿った施策をおこなうことは重要であると説明しましたが、以下では詳しくその施策を解説していきます。

内部リンクを設置する

内部リンクとは、Webサイト内で関連している記事を繋ぐためのリンクです。内部リンクを設置することで、クローラーがその記事を巡回してインデックスをしやすくなります。また、関連性の高い記事を繋ぐことは検索ユーザーのニーズを満たすことにも繋がるので、とても重要な施策になります。

構造化データを設定する

構造化データとはHTMLで書かれた情報を検索エンジンが認識しやすいようにタグ付けされたものを指します。

構造化データを設定すると、検索エンジンがコンテンツを認識しやすくなると同時に、ユーザーが検索したときにリッチスニペットと呼ばれるものが表示されることがあります。

リッチスニペットは視覚的に認識しやすいため、クリック率が高くなる効果もあるので、構造化データを設定することは重要であると言えます。

競合と類似するコンテンツを作らない

競合と類似するコンテンツを作成しても検索結果に表示されなかったり、ペナルティの対象となってしまうこともあるので、避ける必要があります。

そのため、基本的には自分の提供するコンテンツはオリジナルである必要があります。Googleの考え方として、そのサイトにしかない情報がある、そのオリジナルの情報がユーザーにとって価値のある情報であれば検索上位に表示させたいと考えているので、検索結果についても高い効果を得ることができると言えます。

低品質なコンテンツを作らない

低品質なコンテンツは基本的に作らないようにしましょう。当たり前ですが、ユーザーにとって価値のないコンテンツを作成しても意味がありません。もし、現在運用しているサイトで質の低いコンテンツがあれば、削除することもおすすめします。

その質の低いコンテンツのせいで検索順位が下がっていることもあるので、なるべく質の高いコンテンツを作成するようにしましょう。

ページスピードを改善する

サイトの表示速度が遅いとユーザーが不便に感じてしまい、離脱やサイト内での回遊率の低下にも繋がりますので、SEOにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。

Googleの提供するPageSpeed Insightsを利用すれば、ページスピードや改善方法なども確認できるので、一度自分のWebサイトを確認してみてください。

スマホユーザーに対応しているか確認する

検索ユーザーが検索するときには、パソコン以外にもスマートフォンで検索することも多いです。そのため、サイトをスマホユーザーに対応させる必要があります。

また、Googleも公式でスマホユーザーに対応するサイトは優遇すると発表しています。そのため、スマホユーザーに対応するサイトを作成することが重要です。

コンテンツの信頼性を示す

近年では、インターネットでのコンテンツが大幅に増加しています。そのため、そのコンテンツの情報が正しいかどうかもユーザーにとって重要になります。Googleなどの検索エンジンは、ユーザーに正しい情報を提供するために、なるべく信頼性の高いコンテンツを上位に表示させたいと考えています。

具体的には、引用したデータがあれば引用元を記載したり、専門家や著名人の監修するコンテンツであればその人物のプロフィールを記載することが求められています。

ペナルティの対象となる施策は避ける

SEOにおいて、検索順位を上げる施策をおこなうことは当たり前ですが、ペナルティの対象となる施策は検索順位を下げてしまったり、検索結果に表示されなくなったりするので、避けなければいけません。

以下で、Googleの発表しているガイドラインを紹介するので、ペナルティの対象となる施策を理解して、適切な施策をおこなうようにしましょう。

品質に関するガイドライン

この品質に関するガイドラインには何個かの項目が示されていますが、最も注意すべきなのは「リンクプログラムへの参加」です。前述したように、被リンク評価は質の高いコンテンツを識別するためにおこなわれているので、リンクを購入することやリンクを操作することはペナルティの対象となります。

まとめ

ここまで、SEOに関することや初心者でもできる施策についても解説してきましたが、自分でSEO対策をおこなうことに不安があったり、本業の時間を割けないということがあれば、SEO対策を代行してくれる会社にお願いすることを検討してみてはいかがでしょうか。

SEOに関するプロが自分に合った施策を提案してくれるので、自分でおこなうよりかは効果的にSEO対策をすることができる可能性があります。しかし、SEO対策の代行会社も数が多いので、きちんとした会社を選ぶ必要があります。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事