被リンクを獲得する方法とは?具体的な方法を徹底解説

6 min
被リンクを獲得する方法

SEO対策の手法を調べていく中で、被リンクが重要になるという情報を見てきたと思います。

この記事では、被リンクがなぜ重要になるのか、実際に獲得する方法などを詳しく解説していきます。

被リンクとは何か

Googleなどで検索するときには、リンクを辿って任意のページに遷移していると思います。これらのユーザーが検索したときに目にするリンク以外にも、記事の作成者が、ほかの情報を参考にして記事を作成し、その記事を参考文献としてリンクを載せたり、おすすめの商品を紹介するサイトで商品へのリンクを載せたりなど、Webの世界ではさまざまなリンクが存在しています。

Googleは、その仕組みを利用して「多くのリンクが載せられているページは、ユーザーへ有益な価値を提供している可能性が高い」というアルゴリズムを発明しました。これは、リンクを集めることができれば、Googleに評価されるという捉え方もできたために、昔はスパム行為と呼ばれるGoogleの規約違反となるユーザー本位ではない手法が多く取られていました。

現在では、そのようなスパム行為をおこなうとペナルティが課せられるようになったので、純粋に良質なコンテンツを作り、被リンクを獲得していく手法が一般的です。

どうして被リンクが重要となるのか

Googleは検索エンジンとして、ユーザーに価値のある情報が掲載されているページを閲覧してもらわないと、ユーザーが求めている情報を閲覧できず、ユーザーがGoogleを使ってくれなくなることを避けたいと考えています。そのため、ユーザーに価値のあるコンテンツかどうかを判断する必要があり、その考え方を「PageRank」と呼びます。

PageRankとは、素晴らしい情報を掲載しているサイトは多くのサイトから引用されているという考え方から来ており、多くのサイトで引用(リンク)されているページはユーザにとって価値が高いと判断されます。

このPageRankのほかにも、ユーザにとって有益である信頼のあるコンテンツであるかどうかを判断する基準は多くあるので、被リンクだけを重視すべきということではありません。しかし、被リンクの重要性は今後も変わらないとの意見が多くあるので、サイト運営をおこなう際には無視できない項目となっています。

品質の高い被リンクを獲得することが大切

先ほど紹介したように、以前では価値の低い被リンクによって検索順位を上げる手法も多くありましたが、現在ではアルゴリズムのアップデートによって、そのようなスパム行為にはペナルティが課せられるようになりました。

そのため、品質の高い被リンクの獲得が大切になっています。以下で品質の高い被リンクがどのような被リンクであるかを解説していきます。

PageRank

高いPageRankの評価をされているサイトからの被リンクは、価値が高いと判断されます。権威性のある高いPageRankのサイトから被リンクをされているのは、被リンクされているサイトの情報もユーザにとって価値のある情報だと認識されるからです。

そのため、被リンクの数を多く獲得することも重要ですが、権威性のあるサイトからの被リンクを取得できるような方法を取ることも重要です。

サイトの関連性

自分のサイトと全く関係のないサイトから被リンクをもらっていても、関連性がなくユーザにとって価値があるとはいえません。そのため、現在ではどれだけ関連性のあるサイトから被リンクを獲得できているかも判断基準として設けられるようになってきました。

リンクが設置されている場所

Googleは「ユーザーにクリックされるリンクが価値の高いリンクである」と考えています。そのため、サイトページの上部にあったり、メインコンテンツの中にあるリンクを高く評価しています。

共通フッターなどに被リンクを設置すれば、被リンクの数自体を増やすことは容易ですが、品質が高いコンテンツであるかどうかは怪しいです。そのため、被リンクはメインコンテンツの中や上部に設置されているリンクがより価値のあるリンクであると評価されます。

アンカーテキスト

Googleはアンカーテキストを検索順位の決定に利用しています。アンカーテキストはリンク先のサイトページがどのようなページであるかを表す役割があって、ページ同士の関連性を判断する材料として使用しています。

しかし、ほかの手法と同じように、以前は多くのサイトが検索順位を上げたいキーワードでほかのサイトでリンクを不正に貼り過ぎた結果、Googleは対策をおこないました。そのため、自演でキーワードを多く含んだリンクはペナルティの対象となりやすいため、避けたほうがよいでしょう。

自演でキーワードを盛り込みすぎず、適切にページ同士の関連性をGoogleにアピールすることが大切です。

文脈に関連するテーマに沿ったテキストがあるか

アンカーテキスト以外にも、文脈に関連するテーマに沿ったテキストがあるかどうかも重要になります。

文脈に関係なくリンクを載せることは少ないですよね。それまでの文脈の中で自然とリンクを載せることが多いはずです。そのため、リンクの周りのテキストにはリンク先と関連するテキストがあれば、Googleは関連性のあるリンクであると判断できます。

スパム行為であると、リンクの周りのテキストは関連していないものが多くなりがちなので、ホワイハットSEOによる手法を取る人は、リンクの周りにはリンク先と関連するテーマに沿ったテキストを入れるようにしましょう。

リンクの属性

リンクには「nofollow属性」と呼ばれる、ほかのページへのランキング上昇などに寄与をしたくない場合に利用している属性があります。しかし、従来の意図とは逸れた、競合にリンクジュースを渡したくないからリンクをnofollow属性にするような使い方が横行しました。そこで、Googleは「nofollowはヒントとして活用する」とポリシーの変更を名言しました。

そのため、nofollow属性のリンクであっても、ユーザにとって価値のあるリンクであれば、SEO対策に効果が出せるようになりました。このポリシーの変更によって、今のところ、現在でも使っているリンクの属性を変える必要はありません。

多くのサイトから被リンクを獲得する

品質の高い被リンクと評価されるには、同一のサイトからの被リンクを大量に獲得するのではなく、多くのさまざまなサイトから被リンクの獲得が大切です。

なぜなら、Googleなどの検索エンジンは、単一のサイトから被リンクを多くもらっているよりも、さまざまなサイトから少しでも被リンクをもらっているサイトの方が信頼できると考えているからです。そのため、被リンクを獲得する際には、被リンクをもらったことのないサイトからどうやって獲得するかを工夫することをおすすめします。

品質の低い被リンクはリスクになる

前述の通り、以前はスパム行為による品質の低い被リンクを掲載して、サイトの検索順位を上げようとする手法が横行していました。しかし、アルゴリズムのアップデートにより、このような行為はペナルティの対象として、スパム行為をおこなっているサイトは排除する流れになっています。

しかし、意図せずに自分のサイトが品質の低いサイトなどから被リンクを受けてしまって、検索順位が落ちてしまうこともあります。そのため、Googleが提供している「リンク否認ツール」からリンクの否認をおこないましょう。被リンクを調べる方法は、この記事で解説しているので、ぜひ確認してください。

被リンクを獲得する具体的な方法

質の高いコンテンツを作成していれば、被リンクの数を増やせるかというと、必ずそうとは限りません。そのため、主体的に被リンクを獲得する具体的な方法を、以下で紹介しますので、ぜひ確認してください。

リンク切れに注意

リンク切れとは、掲載しているリンク先のページが404などのデッドページとなっている状態のことです。リンク切れを起こしていると、サイトの評価に悪影響を与えます。そのため、リンク切れを起こしているリンクを削除するか、ほかのリンク先に変える必要があります。

リンクの張り替えをお願いする

自分のサイトで獲得している被リンクの中でも、トップページがリンク先となっている場合もあります。そのような場合、ユーザはすぐに欲しい情報へと辿り着けずに離脱してしまう可能性を高めます。そのため、より関連性のあるページのリンクに張替えをお願いするのも手段の1つです。

・リンク張替え依頼をおこなうときの例文

当サイトへのリンクを掲載していただき、ありがとうございます。しかし、リンク先が当サイトのトップページになっているため、ユーザーへ最大限価値を提供できていないかと思います。よろしければ、「○○○」のページへリンクを張り替えていただけないでしょうか?

逆画像検索をおこなう

もし、自分のサイト内で掲載する画像などを作っている場合には、その画像を画像検索してみてください。ほかのサイトで引用されているのに、参考サイトとして自分のサイトが載っていないかもしれません。そのようなときには、リンクを掲載するように伝えましょう。

関連性の高いサイトに寄稿する

関連性の高いサイトに記事とリンクを納品する方法は、昔からある手法ですが、現在でも有効な手法になっています。リンク載せてもらうだけに記事を納品するのは、大変だと感じるかもしれませんが、被リンクの価値は大きいので検討してみてください。

また、寄稿をおこなう際にはできるだけ権威性があり、関連性の高いサイトに寄稿の交渉をしましょう。被リンクのためですが、相手のサイト側にメリットがなければ、掲載できない場合もあるため、きちんと相手の目線に立って提案をおこないましょう。

プレスリリースサービスを利用する

被リンクを獲得する方法として、プレスリリースサービスを利用することも効果的です。被リンクを獲得するには、サイトが多くの目に触れる必要がありますが、この露出度の高さを実現することが難しいときもあります。

そのため、プレスリリースサービスを使って、多くの目に入るような施策を取ることもおすすめします。配信にかかるコストも安くはありませんが、効果は大きいので少しでも余裕があれば検討してみてはいかがでしょうか。

統計コンテンツを作成する

何かを統計したような統計情報は、価値が高く多くのサイトから引用される可能性が高いです。そのため、アンケートなどをクラウドソーシングサービスで実施して結果をまとめた統計コンテンツを作成することもおすすめです。

無料のツールやテンプレート・サービスを作成する

被リンクを獲得するために無料のツールやテンプレート・サービスを作成することもおすすめです。無料のツールなどを紹介すれば、関連性の高い記事で自分の掲載したツールなどを紹介してくれて、リンクを掲載してくれる可能性が高いです。

質の高いコンテンツを作成する

ここまでに、被リンクを獲得する方法をいくつか紹介してきましたが、基本は質の高いコンテンツを作成することに尽きます。被リンクを獲得するためにいろいろな方法を試したが、上手くいかない場合には、自分のコンテンツがユーザーの利益に繋がる質の高いコンテンツであるか一度確認してみてください。

サーチコンソールで被リンクを調べる方法

自分のサイトの被リンクを調べたいときには、Googleの提供しているサーチコンソールを使えば調べることができます。

サーチコンソールでは、外部リンクの数以外にも上位のリンク元のサイトやどのようなサイトから被リンクを受けているかも確認できます。そのため、自分のサイトがSEOの評価で不利になるようなサイトから被リンクを受けている場合には、リンクを否認することもできます。

まとめ

SEOで被リンクを獲得することは重要な項目です。そのため、被リンクを獲得するために施策をおこなうことは、サイトの評価を向上させることに繋がります。

しかし、自分ですべての施策を実行することが難しかったり、自分のサイトに合った施策であるかどうかも判断しづらいと思います。そのような場合には、SEOコンサルをおこなっている会社に問い合わせてみるのもおすすめです。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事