h1タグは複数使用するとSEOに悪影響がある?最適な設定方法とは

2 min
h1タグを複数回使うとSEOに悪影響はある?
こんな疑問を解決
  • h1はページ内に複数使用するとSEOに悪影響がある?
  • 最適なh1の設定の方法を知りたい
  • ロゴにh1が設定してあるときはどうすればいい?

<h1>タグはページ内で1つしか使ってはいけない、という話を聞いたことがある方もいるかと思います。しかし、それは本当なのでしょうか。

結論としては、ページ内にh1タグを複数回使っても問題はありません。Googleのジョン・ミューラー氏もTwitterで下記のように発言しており、SEO的な悪影響やペナルティの対象ではないことが分かります。

何度でも好きなだけ使っても構いません(ジョン・ミューラー氏)

とはいえ、このブログは1ページにつき、h1タグは1つしか使わないようにしていますし、もし私がこの手の質問を受けたときは、複数回使っても良いとしつつも、1ページに対してh1はひとつだけの構成をおすすめします。

本記事では、SEO対策においてh1タグを最適に設定するためにはどうすればよいのか、ということについて解説していきます。

h1タグを1つだけにする理由

大前提として、ページ内にh1タグは1つ以上あっても問題ないことは、先ほど述べた通りです。しかし、SEOについて最適化するという意味では、複数回使用することは注意しなければいけません。

その理由は下記のとおりです。

  • 検索エンジンのクローラーが内容を読み取りづらくなる
  • ページ内の主張が弱くなる

主にこの2点でして、より伝えやすく、分かりやすいコンテンツを作成する、という観点でいくとやはりh1タグの使用は1ページにつき、1回だけにするほうが良いです。

検索エンジンのクローラーが内容を読み取りづらくなる

h1タグを複数回使ったとしてもGoogleの検索エンジンはページ内にどのような内容が記載されてあるかは記述されてあるテキストをもとに読み取ることができるでしょう。

ただ、より分かりやすい記事構成にするということを考えると、すべてが大見出しであるh1タグで構成されているものよりも、本の目次のように大見出しや中見出しなど順序良く記述されてあるほうがGoogleも内容を理解しやすくなります。

逆にh1タグが複数ある状態であると、ページ内で最も主張したいことが何なのか分かりづらくなるのです。

Googleの検索エンジンはロボットです。近年、世の中のサイトを巡回しているクローラーの技術が向上しており、いままでより記事にどのようなことが記載されているのかを読み取れるようになってきてはいますが、そもそもとして読み取りやすく記述する、ということはSEOの考え方として大切です。

ページ内の主張が弱くなる

h1タグを複数回使うということは、大見出しとして、その記事内で主張したいテーマが複数ある、ということでもあります。

そのような記事構成にしてしまうと、どんなに素晴らしいライティングであったとしても、ユーザーにとっては理解しがたいものとなります。

Webページの記事構成を考えるときはこの1ページ1テーマの考え方が基本となります。なぜなら、検索する人は何かしらの答えを求めてきているからです。

求めているのは、自分が知りたい答えであり、それは多くの場合はひとつなので、複数のテーマを扱って話が脱線することは、ユーザビリティの低下となり、間接的にSEOとしてあまり良い効果につながりません。

Shoichi

Shoichi

SEOコンサルタント。100社以上の法人サイトを分析。【経歴】専門商社営業 ▶︎ 副業でブログを作り40万PV達成 ▶︎ Webマーケ会社に転職 ▶︎ 友人と起業予定。初心者の頃に知りたかった情報やWebマーケに関する最新のトピックスをお届けします。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事