E-A-Tとは何か?SEOにおいて重要な3つの要素の対策方法

5 min
E-A-Tとは何か?SEOにおいて重要な3つの要素の対策方法

「E-A-T」という言葉を耳にする事が増えていると思いますが、この記事では「E-A-T」とは何か。SEO対策において重要となる3つの要素について、どのように対策して運用していくべきかを詳しく解説していきます。

E-A-Tとは何か?

「E-A-T」とは、Googleがガイドラインで定める評価基準の「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の3つの概念の頭文字を取って表現した言葉です。

Googleはユーザーにとって価値のあるコンテンツを評価するために、日々アルゴリズムのアップデートを行っています。「E-A-T」はその時に重要視されている3つの要素であり、SEO対策をする際には必要不可欠な考え方です。そのため、「E-A-T」の評価基準を満たしていればユーザーにとって価値のあるWebサイトであると判断されて、ユーザーがGoogleで検索してその際に表示される順位が上がりやすくなります。

以下でSEO対策について重要視されている3つの要素を詳しく解説していきます。

Expertise

「Expertise」の専門性では、そのコンテンツで内容について詳しく述べられている、かつ専門的な情報が載っている、検索するユーザーにとって価値を提供できているかをGoogleは評価しています。

特定のトピックに特化した内容で、高い価値を得られるかが重要になるのですが、より評価されるポイントとして、一つのページでそのトピックに対して詳しく述べていてもその一つのページにしか情報がない場合よりも、関連するトピックを解説しているページを下層のページにいくつか内部リンクで設置すると高く評価されやすい傾向にあります。

Authoritativeness

「Authoritativeness」の権威性では、そのコンテンツがユーザーに高く価値を提供できるコンテンツであるかどうかを第三者が評価していかをGoogleは評価しています。

第三者に評価されていると判断されるには、そのサイトが他のサイトやSNSでリンクを共有されていたり、運営者の情報が共有されているかなどが重要になります。具体的には、そのコンテンツについて「参考になった」「分かりやすく紹介されている」という読んだ人の感想がリンクで紹介されていて、運営者や書いた人物がその情報について専門性のある人物であったり、論文を出しているなどの経歴がある事が求められます。

なので、Googleなどの検索エンジンに権威性の評価をしてもらうには、自分や自社の情報をできるだけ詳細に、自社のコンテンツ以外の媒体やSNSから情報を提供されるようにしておく必要があります。

Trustworthiness

「Trustworthiness」信頼性では、そのコンテンツが他のサイトなどに載っている情報をコピーしていたり、模倣している物ではないか。また、サイトの安全性が確保されていて、運営者が信頼できる人物であるかをGoogleは評価しています。

信頼性について、Googleなどの検索エンジンから評価してもらうためには、そのWebサイトがSSL化(HTTPS)されている事は勿論、運営者や企業の情報が詳細に記載されている必要があります。たとえ、コンテンツ自体の質が高くても上記の情報などが枯渇していると、他の競合サイトの方が信頼性があると判断され、検索順位を上げる事が難しくなってしまいます。

なぜ、E-A-Tが重要になるのか

Googleは昨今のSEOにおけるアップデートで、ユーザーファーストの考えを重要視していると発表しています。そして、「E-A-T」の根本的な考えはユーザーファーストの考えです。なので、ユーザーにより良質なコンテンツを提供するために、「E-A-T」を考慮したサイトがより評価されるのです。

よって、コンテンツ自体の質や検索クエリとの関連性も重要になりますが、「E-A-T」の概念について対策する事が重要になります。

「専門性」が特に重要になる

SEO対策において、「E-A-T」が重要になる事は先述しましたが、「E-A-T」中でも「専門性」がSEO対策する際には特に重要になります。

特定のトピックに関する情報を重点的に発信していれば、Googleはそのサイトに「専門性」があると評価し、検索順位が上昇します。この検索順位が上がれば、ユーザーに見てもらう機会が増え、そのサイトを共有してもらえたりする可能性も上がっていくので、「専門性」について意識する事が特に重要になります。

「専門性」を高める方法

Googleの検索順位を効果的に上げるには、この「専門性」の基準を満たす必要があります。具体的に「専門性」を高める方法は、特定のトピックにおける専門的な知識と、それに関連するコンテンツをページ内に増やしたり、内部リンクする事でGoogleに評価してもらいやすくなり、検索順位が上がりやすくなります。

以下で、この「専門性」を高める方法について詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

一つのテーマに絞ったサイト運営をする

「専門性」を高めるには一つのテーマに絞ったサイトを運営する事をおすすめします。特定のトピックに特化したサイトは関連する情報を載せているコンテンツだけが増えていくので、そのサイトで内部リンクの構築をしやすくなります。そうすることで、Googleなどの検索エンジンにサイトの「専門性」を評価してもらいやすくなります。

逆に、雑記サイトなどはテーマが絞られていないので、内部リンクする事が難しく、「専門性」を確保しづらくなります。なので、雑記サイトの場合はそのカテゴリ単位で「専門性」を確保するような考え方が重要になります。

内部リンクを意識する

上記で少し説明しましたが、「専門性」を高めるにはコンテンツ同士の繋がりや関連性が必要不可欠になります。なので、新しく制作したコンテンツを内部リンクする必要があります。できるだけ関連する内容のページで内部リンクして、Googleに「専門性」のあるサイトであると評価してもらう事で、検索順位の上昇を期待できます。

一方で、そのコンテンツにあまり関係ない、関連性の低いコンテンツを内部リンクしてしまうと、ユーザーの利益にも繋がらず、Googleからも高い評価を受ける事はないので注意しましょう。

1つのページのキーワードは1つまで

そのサイトのテーマや情報を発信しているトピックがあると思いますが、「専門性」を確保する方法としておすすめできるのが、1つのページでのキーワードを1つの絞る事です。

具体的には、「検索順位」というサイトのテーマであったら、「検索順位 アルゴリズム」というように1つのキーワードに絞ってコンテンツを作っていけば専門性のあるページを作る事ができます。

サイトのテーマに合わせていても、2つ以上のキーワードで作成してしまうと、ユーザーの求めている情報が専門的に記載されていなかったり、そのページの情報を求めるユーザーが特定できなかったりするので、Googleからの評価を下げる要因になってしまいます。

なので、1つのページでのキーワードは1つに絞る事がそのサイトの「専門性」を高める事になり、検索順位の上昇に繋がります。

特化サイトと雑記サイトを運営する際の考え方

先程、少し触れていますが「専門性」を高めるには特化サイトと雑記サイトで運営する際の考え方を変える必要があります。

以下で、その考え方について解説していきます。

特化サイトはそのサイトに関連するキーワードを選定する

特化サイトの「専門性」を高める方法は、そのサイトに関連するキーワードを選定してそのキーワードについてのコンテンツを作成していくという方法が大切になります。

Googleに「専門性」があると評価してもらい、検索順位を上げるためにもサイト単位で内部リンクがしやすくなる、関連するキーワードでのコンテンツの作成が重要になります。

雑記サイトはカテゴリ分けする

雑記サイトで「専門性」を高めようとする場合は、カテゴリ分けしてコンテンツを増やしていきましょう。そのカテゴリ内で関連するコンテンツが増えていけば、そのコンテンツ同士で内部リンクする事もできて、Googleにそのカテゴリ単位で「専門性」があると評価してもらいやすくなります。

雑記サイトで「専門性」を高める時は、サイトのテーマにあった専門的なカテゴリを作成して、その中に関連するコンテンツを増やしていき、「専門性」があると評価してもらう事が重要になります。

YMYLとの関係性

「E-A-T」を理解する際には、「YMYL」という考え方との関連性も理解しておかなければなりません。「YMYL」とは「Your Money or Your Life」の頭文字を取った言葉で、そのコンテンツに間違った情報が記載されていた時に、ユーザーの健康や財産、生活に大きな損害を与えるという事を意味しています。医療や保険、金融、高価なショッピングなどのジャンルで重要視されます。

「YMYL」のジャンルは、間違った情報をユーザーに与える事が許されないので、より高いレベルでの「E-A-T」の評価が求められます。

ユーザーの求める情報に専門性のあるコンテンツを作る

検索順位を上げるためには、コンテンツの質を担保する事は勿論、ユーザーの求める情報に専門性のあるコンテンツを作る必要があります。

専門性のあるコンテンツを作成できれば、自然と品質が向上していき、ユーザーの求める情報が記載されているとGoogleに評価してもらいやすくなります。そして、検索順位の上昇に繋がるのでSEO対策をする時には、必ず意識するようにしましょう。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事