記事の書き方のコツと書き方の注意点

4 min
記事の書き方のコツと書き方の注意点

記事の書き方にはいくつかのコツがあります。当然、新聞やチラシなどの紙媒体に合った書き方もあります。この記事では、Web媒体に合った記事の書き方のコツをお伝えしていきます。

Web媒体の場合、SEO対策のためにキーワードを入れたり、ユーザーが読みやすい文章構成を意識しなければなりません。

また、インターネットの発展によってブログやSNSなどが発達して、様々な媒体で個人が情報発信を行っていますが、企業がメディアを運営し情報発信を行う際は、個人のものとは差別化できるようにしなくてはいけません。情報の正確性を保つのはもちろん、読みやすい文章や構成にする事でユーザーの信頼を獲得する事が重要です。

なぜ、記事を書くのか

なぜ、記事を書くのか。多くの場合、記事を書く目的は「ユーザーの求める正しい情報を伝えるため」です。この際のユーザーは、その情報を求めている人になります。

例えば、「SNS マーケティング」と検索するユーザーに対して、「SNSのマーケティングは難しい」と「SNSマーケティングのコツ3選」のどちらを書くべきでしょうか。

正解は、後者の「SNSマーケティングのコツ3選」です。SNSマーケティングを知りたくて検索しているユーザーはSNSの難しさを知りたいのではなく、SNSのマーケティング方法を知りたくて検索している場合が多いからです。なので、ユーザーに寄り添った伝えるべき情報を入れた記事を書かなくてはなりません。

読者に伝わりやすい内容にする

ユーザーが求める情報を正しく伝えるには、記事を読者に伝わりやすい内容にする必要があります。Web媒体の媒体の場合、紙媒体と比べてユーザーが途中で離脱したり、最後しか読まない場合もあるので、本当に伝えたい内容、つまり結論を先に述べる必要があります。

良い記事の書き方のコツ

記事を書く時のコツはいくつか存在します。また、紙媒体かWeb媒体によっても違いがあるので、自分の書く媒体に合った記事の書き方をする必要があります。

Web媒体に合った記事の書き方のコツについて以下で説明していきます。

良い記事の書き方4選

タイトルの前半に上位表示させたいキーワードを入れる

Webメディアの記事のタイトルは、Googleなどの検索エンジンに「見出し」として認識される物で表記されます。ここから、検索エンジンが「見出し」の内容を、記事の中で最も伝えたい内容や要点になる箇所と判断するため、検索上位表示を狙いたいキーワードをタイトルの前半に入れる事が重要です。

また、タイトルとWebブラウザのタブに表示される文章であるページタイトルを統一する事も多いです。ここに記載した内容は、検索時に大きな文字で表示されますが、ユーザーの使用するデバイスやサイトによっては省略されてしまうので、タイトルの前半部分にキーワードを入れた方がユーザーに注目されます。

加えて、タイトルの文字数は省略される事もあるので、28文字以内で書いた方が良いとされています。

結論から書く事を意識する

文章の構成として、思い浮かぶのものとして「起承転結」が多いですが、この構成は紙媒体に向いた書き方です。「序論・本論・結論」の3部構成になり、結論が最後に来ます。

Web媒体で記事を書く際は、最初に結論を伝え、ユーザーを惹きつける内容にする必要があります。Web媒体の場合、ユーザーは自分の求める情報がないとわかった瞬間に他のサイトに移ります。これには、文章がどのくらいあるかわからない等のWeb媒体特有の特徴があるためです。

なので、Web媒体で記事を書く時は、最初に結論を述べるか、最後にもう一度結論をまとめる構成にする方法もWeb媒体に向いています。

リード文で読者を惹きつける

記事を書く際はリード文を必ず書いて、読者を惹きつけるようにしましょう。

リード文を書く理由は、ユーザーがすぐに離脱してしまう事を防ぐためでもありますが、ユーザーは基本的に、記事を全部読む事はありません。文章をざっくりと目を通し、気になる箇所だけを読むという事が多いです。なので、リード文でユーザーをしっかりと惹きつけ、伝えたい内容を伝えられるようにしましょう。

ユーザーをリード文で惹きつけるためには、ユーザーに共感する事が大切になります。作成する記事のキーワードで、実際に検索してユーザーの悩みを出して、それに対して共感するリード文を作成する事が大切です。

必要な要素を見出しに追加する

ユーザーはひと目で何が書いてあるかわからない文書を読むのに、抵抗感を覚えます。そのため、記事を書く際は、伝えたい内容や必要な要素を見出しに追加する事が大切です。

ユーザーが求める情報にいち早くたどりつけるように、見出しを他の文字よりも強調して表示したりする工夫をすれば、離脱してしまう可能性が減ります。

記事の内容について気をつけるポイント5選

Web媒体は、紙媒体に比べて、簡単に情報発信を行う事ができます。しかし、注意すべきポイントもいくつかあります。その5つのポイントについて、以下で解説していきます。

記事の内容について気をつけるポイント5選

正確な情報を用いる

Web媒体は簡単に情報発信する事ができますが、当然、情報の正確性には気をつけなければいけません。ユーザーの真に求める正しい情報を伝える事が、記事を書く時のゴールとなると思います。他の媒体で発信しているからと言っても、正しいとは限りませんので、きちんと情報について精査しましょう。

引用をする際はルールを守る

記事を書く際に、本や他のサイトの内容を参考にする場合もあると思います。サイトによっては引用が禁止されていたり、申告制にしていたりするので、きちんと調べてから引用した方が良いでしょう。

また、引用する場合は、引用した文書が分かるように記述したり、引用元や出典を明記する事が無難です。

メリット・デメリットが伝わる内容にする

ユーザーはそのキーワードについて、インターネットで検索して、自分の記事にたどりつきます。その時のユーザーは、そのキーワードについての情報を求めている場合がほとんどです。なので、「メリット・デメリット」が伝わりやすい内容にする事が、ユーザーも情報を整理しやすく、おすすめの方法になります。

また、内容を「メリット・デメリット」にしてまとめたものは、ユーザーの気を引きやすい特徴もあります。

図を使ってわかりやすくする

文章だけで伝わりづらい内容は、図を使ってわかりやすくすると良いでしょう。図を使う事で、その情報を求めているユーザーによって、良いコンテンツであると検索エンジンから判断され、検索上位表示される可能性も上がります。図を作成するには、工数が増えてしまい、大変ですが、他のサイトとの差別化にもなります。

また、Googleが画像検索の機能改善に力を入れると言われています。今後、SEO対策においても、さらに図や画像が重要になるので、記事を書く際は図や画像を使ってわかりやすくしましょう。

最後にユーザーの取るべき行動を示す

リード文での問題提起だけでなく、最後にユーザーの取るべき行動を示す事が大切です。ユーザーの解決策を最後にまとめると良いでしょう。文章を全部読まないユーザーは最後の「まとめ」だけを読んで、全部読むかどうかを判断している時もあるので、わかりやすい内容でまとめる事がおすすめです。

まとめ

記事を作る際には、様々なコツや注意すべきポイントがあります。一つ一つをきちんとこなして記事を作成すれば必ず、その情報を求めるユーザーに届きます。

あくまでも、ユーザーファーストの考えで記事を作る事がとても重要です。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事