Z世代とは何か。マーケティングに与える影響を解説

3 min
Z世代とは何か

Z世代とは何か

まず、Z世代とは何かを説明したいと思います。Z世代とは、1996年~2015年の間に生まれた世代の方と定義されています。生まれた時からインターネット等のデジタルが当たり前の世代なので「デジタルネイティブ世代」とも呼ばれています。2020年には世界の人口の25%を占める世代になりました。2020年の段階で5歳~24歳までの方がこのZ世代にあたります。

Z世代と比較される事の多いミレニアル世代

Z世代と比較される事が多いのがミレニアル世代と呼ばれる世代です。ミレニアル世代とは、1980年~1995年の間に生まれた世代の方と定義されています。ミレニアル世代は、デジタルの誕生から成長の期間と共に子供から成長してきた世代です。

なので、時代背景的にインターネット環境が段々と整えられていき、情報リテラシーを持っていて、インターネットでの情報検索やSNS等によるコミュニケーションもできます。

Z世代とミレニアル世代の違いとは

あまり違いを感じない人もいると思いますが、Z世代とミレニアル世代には2つの大きな違いがあります。以下でこの2つの特徴について解説します。

Z世代は改革を求める傾向がある

Z世代は急速なITの発展の時代に育ったため、身の回りで様々な改革が起こりました。例えば、YouTubeの台頭やTikTokなどの動画視聴サービスの発展も、人々の生活に大きな影響を及ぼす改革と言えます。なので、ミレニアル世代と比べると改革や既存サービスのイノベーションを求める傾向がにあります。

例えば、映画を見る際も、Z世代の多くは映画をレンタルするのではなく、家でNETFLIXなどのサブスクリプションサービスを利用して映画を楽しんでいます。このように、ミレニアル世代に比べて消費活動に大きな差があります。

現実主義のZ世代と理想主義のミレニアル世代

ミレニアル世代は理想主義や楽観的と呼ばれているのに対して、Z世代は現実主義と言われています。Z世代の親世代は雇用や家計の事に多く苦しんでいました。そのため、仕事での成功や事業の立ち上げ意識が高いです。また、シンプルな物を好む傾向もあります。

Z世代がマーケティングに与える影響とは

今でも、購買力を一番持っている世代はミレニアル世代ですが、人口の25%以上を占めるZ世代は若い世代で、社会人の割合も多くはありません。しかし、Z世代の70%が家族の意思決定に影響力を持っているという調査もあります。

そんなZ世代のマーケティングに及ぼす影響を以下で解説していきます。

Z世代は派手な消費活動を好まない

Z世代はミレニアル世代に比べ、貯金に高い関心があり、よりお買い得感のある商品に魅力を感じる傾向があるために派手な消費活動を好みません。

それに対して、ミレニアル世代は購入するという体験に対して魅力や興味を持っています。なので、消費活動により積極的なのもミレニアル世代と言えます。

ブランド品ではなく、個性を尊重している

ミレニアル世代が学生の頃はブランド品がとても人気でした。その名残なのか、大人になっても好きなブランド品を購入する方が多いです。

一方Z世代は、ブランド品に対して抵抗感すら抱いています。Z世代は自分らしさを尊重し、ブランド品で着飾る事を拒む方も多くいます。

無駄を無くした物を持たない世代へと変遷している

この世代はシンプルな物や自分らしさに重きを置いている傾向が強いです。そのため、住宅に関しても派手な家等を求めている訳ではない、必要最低限な設備と広さのある家に住んでる方が増えています。

普段の生活に必要な物は意外と多くありません。必要になったら買ったり、いらなくなったら売ったり、コンビニやメルカリ等のフリマの発展によってZ世代は、シンプルに物をあまり持たない世代になっていると言えます。

今、とるべきマーケティング手法とは

企業が購入者に、物を購入したり、何かの消費活動をさせるにはその企業が信頼してもらう必要があります。この時に、ターゲットにする世代に信頼される事や信頼されるポイントはZ世代とミレニアル世代、他の世代によっても大きく異なります。世代だけで判断する必要はありませんが、この世代の特徴を踏まえてマーケティング施策を取ると事が必要になっています。

Z世代に対する理想的なアプローチの方法は、サービスや商品の質の高さ、お買い得感をアピールしたり、実際に体験してもらう方法が理想的です。そのため、どのような体験ができるのか分かる動画を作ったり、実際に体験できる場所の提供が大切になってきます。

現在、Z世代は人口の25%以上いますが、これからどんどんとZ世代以降の若い世代の方達中心の世界になっていきます。ミレニアル世代の方が購買力では一番力を持っていますが、徐々に入れ替わっていくはずです。なので、これからはミレニアル世代に向けたマーケティング手法を取り入れつつも、Z世代に向けたマーケティング手法を取る事が必要になってくるのです。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事