ペルソナ設定の方法とは?具体的なやり方や注意すべき点を解説

3 min
ペルソナ設定

ペルソナ設定とは何か

ペルソナ設定とは何かというと、マーケティング言語で「商品・サービスを購入してくれる架空の典型的ユーザー像」の事です。

ペルソナとよく意味が混同されがちなターゲットとの違いについて解説すると、ターゲットは「40代男性、会社員」等とざっくりと表現する事が多いです。「40代男性、会社員」の中には既婚者の方がいたり、趣味や生活習慣も様々なので、詳しいイメージを持つ事が難しいです。

これに対して、ペルソナはターゲットよりも詳細に人物像を決めます。例えば、「佐藤太郎(46歳)、部長、既婚で子供が2人、釣りが趣味で月に1~2回程度釣りに行っている、会社への通勤は電車を利用していて駅の階段の上り下りに辛さを感じており、健康のためにもジムに通うなどの運動する事を検討している」等です。なので、ペルソナ設定をきちんと行う事で、そのペルソナに沿った人々に合った商品・サービスを作成する事が可能になります。

ペルソナ設定をするメリット3選

ターゲット設定でなく、ペルソナ設定を行うにはいくつかのメリットがあります。

以下でその中の3つを紹介します。

ユーザーの視点に立つ事ができる

ペルソナを設定する事で、クライアントや制作担当者の好みや都合ではなく、よりユーザーに合わせた議論や施策の意思決定を行う事ができます。これによって、実際のユーザーにより刺さる施策を決定できます。

ユーザーに合わせたサービスの開発・アプローチが可能になる

ターゲット設定でなく、ペルソナ設定を行う事でより人物像がはっきりし、生活習慣やライフスタイルに合わせたサービスの開発・アプローチが可能になります。

会社員の場合にネット広告の表示時間を、平日の昼間に設定してもあまり見てもらえないという想定等もしやすく、ペルソナ設定はマーケティングには欠かせない工程になっています。

プロジェクトメンバー間で認識の乖離が生まれない

ペルソナ設定をする事で、プロジェクトメンバー間で認識の乖離が生まれにくくなります。プロジェクトメンバーが複数人存在する時は、ペルソナ設定を行わないとターゲットの人物像が不明確になり、ミーティングを行う際にも不都合が生じやすいです。

自分や他の人のイメージしている人物像を明確に共有し、それに沿った開発やアプローチ方法の議論を行う事もできるのでペルソナ設定を行う事はとても重要な工程になります。

ペルソナ設定の具体的な方法

実際にペルソナを設定する方法を大きく3つに分けて説明します。

情報を集める

ペルソナ設定を行う時は、まず人物像を作るための情報収集を行う必要があります。情報収集を行う方法は以下の3つになります。

アンケート

類似の商品を購入したユーザーに向けて、なぜその商品を購入したのか、購入後にどんな効果や不満があるか等をヒアリングする事ができれば、新商品を企画する時に重要な参考になります。過去の履歴があれば該当するユーザーに対して調査を行いましょう。

SNSの書き込みを調べる

アンケートでの調査が難しい場合等は、SNSの書き込みを調べる方法をおすすめします。SNSへの書き込みを収集して分析できれば、ユーザーの潜在的欲求を把握できます。

アクセス解析

自社のサイトがある場合、そのサイトに訪れた人に、「どんなユーザーが多いか、どのサイトから流入しているか、よく見られているページはどこか、ユーザーがサイトを離脱したページがどこか。」を調べます。アクセス解析ツールの機能で、「どんな年齢の人が、どのサイトから流入してよくコンバージョンしているか」等をこれらのデータを複合的に合わせて解析する事もできます。

集めた情報を整理する

情報を収集できた後は、集めた情報の整理を行う必要があります。整理するコツとしては、集めた情報を「ライフスタイル」や「悩み」などに分けて分類します。集めた情報の中には不要な情報もあるので必要な情報だけを選別する必要があります。

ペルソナを設定する

集めた情報を整理できたら、それを基に、基本的な属性、パーソナリティやライフスタイル、自社商品・サービス・との関係を具体的に思い浮かべましょう。その浮か上がったユーザー像に名前を付けてたりすると、人間味のあるイメージしやすいペルソナにできます。また、写真を加えたり、図やグラフを使って、視覚的にも理解出来るようにすれば、プロジェクトメンバーとイメージを共有しやすくなります。

ペルソナ設定をする際の注意点

ペルソナ設定をする際には3つの注意点があります。ペルソナを商品開発やマーケティングで利用する際はその3つのポイントに注意して、利用するようにしましょう。

自分達の望むユーザーを想定しない

ペルソナ設定を行う際にやりがちなパターンとして、自分達の望むユーザーをペルソナとして想定してしまう事があります。

ペルソナは、あくまでも自分達の理想ではく、現状の顧客をベースに想定する必要があります。あくまでも顧客ベースという事を忘れないようにしましょう。

固定観念を捨てる

「女性なら少食だ」等の思い込みは、視野を狭めてしまい、正しいニーズを見逃してしまう原因となる事があります。固定観念や先入観に囚われないためには、第三者の集めた情報等の客観的なデータを活用すると効果的です。

定期的に見直す

ペルソナ設定を一度行った後、放置してしまう事がありますが、時間の経過や社会情勢の変化等、色々な要因によってユーザー像は日々変化していきます。なので、定期的にペルソナを見直し、必要があれば、修正して変化に対応していく必要があります。

ペルソナ設定はマーケティングにおいて重要な要素

ペルソナ設定をして、架空のユーザーを想定する事はマーケティングやSEO対策、企業の戦略においても重要な役割を担っています。開発時のプロジェクトメンバー間での共通認識だけでなく、ユーザーにとって刺さりやすい・魅力的なコンテンツを提供する事ができます。ぜひ、マーケティングを行う際は、ペルソナ設定を盛り込んでやってみててください。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事