オウンドメディアマーケティングのメリット・デメリットについて解説

5 min
オウンドメディアマーケティングのメリット・デメリットについて解説

近年のマーケティング施策として、オウンドメディアマーケティングが注目されています。この記事では、「なぜオウンドメディアマーケティングが重要になるのか」「オウンドメディアマーケティングを用いるメリット・デメリット」「オウンドメディアマーケティングの始め方」「オウンドメディアで成功している事例」を紹介します。

記事を読むことで、上記のような項目に関して不明確なことがあれば解決できます。

オウンドメディアマーケティングとは何か

オウンドメディアマーケティングとは、オウンドメディアを構築し、そのメディアを活用するマーケティング手法です。オウンドメディアとは企業が独自に保有しているサイトやブログになります。

多くの方は企業のコーポレートサイトだと思っていますが、実際にはWebサイトなどの自社の会員向けのサイト、自社で所有しているメディアをいいます。

以下で、どうしてこのオウンドメディアマーケティングが重要視されているのかを解説していきます。

オウンドメディアマーケティングが重要視されている

現在、オウンドメディアマーケティングが重要視されています。それは、広告で得られる成果に限界があることや高い資産性があることが挙げられます。

以下で、この2つについて解説していきます。

Web広告には限界がある

オウンドメディアマーケティングが重要視されている理由として、Web広告の成果に限界が見えてきたことが挙げられます。Web広告を運用することのメリットとして、即効性がありWebマーケティングにおける基本的な戦略でもありました。

しかし、現在では広告の数が増えてきてしまい、広告であるだけで悪い印象を持つユユーザーも増えてきました。そのため、広告の利用を減らし、オウンドメディアマーケティングによる事業の拡大を目指している背景があります。

高い資産性がある

また、オウンドメディアを構築することで、優れたコンテンツを配信し、そのコンテンツが顧客のニーズを満たすものであったら企業価値を向上できます。そして、オウンドメディアの運用を続けることで記事やデータが溜まっていき、企業の資産となります。

例えば、オウンドメディアで得られた顧客情報を分析して、それに沿った施策をおこなえます。そのため、運用を続けることで得られる情報も、企業の資産として大きな価値を提供しています。

オウンドメディアマーケティングを用いるメリット

ここまで、オウンドメディアマーケティングを解説してきましたが、オウンドメディアマーケティングを用いるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

以下で、オウンドメディアマーケティングを用いるメリットを詳しく解説していきます。

広告費を減らせる

まず、オウンドメディアを構築して一定のアクセスが集まるようになれば、広告費を減らしながら情報発信できます。オウンドメディアで成功すれば、広告費を一切かけずに新商品の宣伝や告知をおこなうことが可能になります。

そのため、構築に時間や労力を割く必要はあるものの、オウンドメディアの構築には大きなメリットがあるといえます。

作成したコンテンツは会社の資産になる

オウンドメディアで作成したコンテンツは、記事が残るので会社の資産になります。SEO対策も同時にしっかりとおこない一定以上のアクセスを維持できれば、絶大な効果を発揮するでしょう。

また、SEOではGoogleの意向として「ユーザーにとって価値のある情報であるか」が重要視されてきています。そのため、ユーザーにとって価値のある情報を発信するようなコンテンツの作成が必要になります。

集めた顧客データを活かせる

オウンドメディアの運用で、顧客データを集められることは前述しましたが、集めた顧客データは分析し、さまざまな施策やLTV(顧客生涯価値)の向上に活かすことができます。

ほかにも、既存の顧客の購買行動を分析すれば、既存顧客へのアプローチやフォロー

はもちろん、新規の顧客開拓に向ける施策をおこなうことができます。

オウンドメディアマーケティングを用いるデメリット

オウンドメディアマーケティングを用いるメリットを解説してきましたが、デメリットはどうでしょうか?

以下では、オウンドメディアマーケティングを用いるデメリットを詳しく解説していきます。

長期間での運用が必要になる

オウンドメディアを構築するには、長期間での運用が必要になります。ユーザーを中長期的な期間で育成して、成果を出していくことが基本なので、Web広告のような即効性はありません。

そのため、オウンドメディアマーケティングを始める際には、長期的な運用を考えて実行する必要があります。

継続して運用することが難しい

オウンドメディアで成果を出すには、長期的な運用が不可欠だと前述しましたが、この継続して運用することが難しいです。

継続して運用するには、常に新しい情報を発信し続けなければいけません。コンテンツのテーマとしてネタ切れを起こすようなテーマであると、新しい情報を発信し続けることが困難になります。その場合は、定期的にリライトをおこなって新しい情報にアップデートすれば解決できることもありますが、継続が難しいことには変わりません。

運用できる人材の確保が難しい

オウンドメディアで一番の苦労するポイントとして、運用できる人材が少ないために、運用できる人材の確保が難しい点があります。

社内の人材でオウンドメディアを運用できないときに、運用自体を諦めてしまうことがありますが、SEOコンサル会社や制作会社に頼むことも視野に入れて検討すると良いでしょう。

オウンドメディアマーケティングの始め方

オウンドメディアマーケティングのメリット・デメリットを解説しましたが、実際にどのような流れで、オウンドメディアマーケティングを始めれば良いのかをここでは解説していきます。

メディアを企画する

まずは、メディアを企画する必要があります。そのメディアが他社と差別化できているかどうか、ターゲティングは適切かなどより良いコンテンツを作成するための企画をする必要があります。

オウンドメディアを運用する目的は、自社の商品やサービスの売上を向上させることです。他社のサイトなどと差別化できていないと、アクセスを集めることが困難になり、思うような成果を出すことができません。

ほかのメディアとの連携を図る

オウンドメディアを始める際には、積極的にほかのメディア(SNSやメルマガ)と連携を図りましょう。

オウンドメディアとほかのメディアで得た顧客情報を集め、その情報に基づいたユーザーのニーズを満たすように、それらのメディアとも連携してクーポンの発行などのさまざまな施策をおこなえば、総合的にアプローチできるようになります。

オウンドメディアマーケティングにおいて重要なこと

オウンドメディアマーケティングをおこなう際には、理解しておきたい重要なことが3つありますので、以下で詳しく解説していきます。

Googleのアップデートに対応する

オウンドメディアの運用において、SEO対策は必要不可欠な施策になります。このSEO対策はユーザーにとってより良い情報を提供するためにGoogleが日々アップデートをおこなっています。

そのため、Googleのおこなうアップデートに対応していく必要があります。とはいえ、基本軸となる考えはユーザー本位であるコンテンツであるかどうかを見られているので、Googleの規約に沿ったユーザーフレンドリーなコンテンツ作りを実践していけば問題ありません。

ユーザーからのニーズに答える

自社のオウンドメディアが検索上位に表示され、アクセス数が増えるとユーザーからのお問い合わせや「こうして欲しい・ここが見づらい」などの意見をもらう機会も多くなります。

そのため、より良いコンテンツを作り運用していくために、ユーザーのニーズにあわせてサイトを改修したり、記事を制作したりするのも重要になります。

外注することも視野に入れる

自社でオウンドメディアを運用できる人材を確保している企業が少ないことは、前述しました。そのため、新たに運用できる人材を採用するコストを考えると外注する方がコストパフォーマンスが良くなることが多いです。

オウンドメディアマーケティングのコンサルをおこなっている会社では、成功に向けた適切な戦略や施策の提案から、実際にコンテンツの作成もお願いできることがあるので、外注することも視野に入れておくと良いでしょう。

オウンドメディアで成功している事例を紹介

ここまで、オウンドメディアマーケティングについて解説してきましたが、オウンドメディアで成功している事例を知ることで、より深くオウンドメディアマーケティングを理解できるので、以下で紹介していきます。

ferretの成功事例

まず「ferret」は、Webのマーケティング支援をおこなっている企業が運営しているWebマーケティングメディアになります。

Webマーケティングに関する価値の高い情報を多く発信しており、リリースから半年で月間PV数が100万人を超え、最終的には500万PVを超えることができました。

当時は「SEO対策」というキーワードのようなビッグキーワードで、上位に表示されていたことから、オウンドメディアの成功事例として参考にしやすいです。

※ferretの記事はこちらから確認できます。

LIGの成功事例

「LIG」はWebサイト制作という、差別化の難しい分野で成功している事例です。発信しているコンテンツのファンも多く、ほかのメディアとの連携を積極的に図っているのが特徴です。

Facebookでの「いいね」は約6万件を超えており、ほかのメディアも上手く活用して、コンテンのファンを獲得していることがわかります。

※LIGの記事はこちらから確認できます。

CAREER HACKの成功事例

エン・ジャパンが運用している「CAREER HACK」は、採用を強化するために作られたメディアになります。

高い価値を提供できる情報の発信とともに、多種多様な働き方やライフスタイルがあることを訴求するようなコンテンツであることが差別化のポイントになっています。

※CAREER HACKの記事はこちらから確認できます。

まとめ

この記事を読むことで、オウンドメディアマーケティングを少しでも理解できたと思います。オウンドメディアの運用は長期的に運用することや継続することが重要になるので、自社で担当できる人材がいない場合には、外注で始めて自社の人材を育成していくのも手段の1つでしょう。

また、オウンドメディアマーケティングで、成功するには「適切な施策と継続」この2つを満たすことが最重要であることを理解しておいてください。

ゆり

ゆり

社会人3年目のマーケッター。
SEOやSNSマーケティングを中心に勉強中。

カテゴリー:
関連記事